Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「私の学習法〜その19 暗記A 長い串で串刺しにする」:本間詠美子さん

<<   作成日時 : 2012/03/01 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、本間詠美子です

今日は、前回に引き続き
「暗記事項」について
書いていきたいと思います。

今回は
2.広く横断的に比較する
についてです

私としては、
「比較することで覚えやすくなった」
と思っているので
このテーマにしたのですが、
「暗記」というよりも
「比較すること」について
の記事になってしまったかもしれません

先日、皆川編集長も
「会社法攻略のコツ」という記事の中で
「横断知識の重要性」について書かれていましたから、
重なる部分があるかもしれませんが、
「どうすれば比較しやすくなるのか」という観点を交えて
私なりに書いてみたいと思います


私の「比較」の際のポイントは
@「表」を活用したこと、
Aできるだけ広い範囲で比較したこと
ではなかったかと思います。

試験において
「比較する」のが重要なのは、
まず第一に
「比較ポイントがある事項」は
出題されやすいからだと思います

似た制度があって、
一方にはある手続きが必要だけど、
もうひとつには必要ない、
とか、
こちらとあちらで要件が少し違う、
とか、
そういう箇所は
問題を解く側にとっては混乱しやすいけれど、
問題を作る側としてはすごく作りやすそうです

この「問題化されやすい比較ポイント」がどこか
ということについては、
ほとんどの場合、自分で考える必要はありません。

テキストや『合格ゾーン』等にのせられている「表」を
うまく活用することが一番近道だと思います

はじめは何気なく見ているこれらの「表」ですが、
過去問を解き、テキストの内容が分かってくるにつれて、
非常に適切に区分けされ、
これ以上ないくらいコンパクトにまとめられたものなのだ、
ということを強く感じられるようになります

「表」は、その構成自体が
「比較ポイント」を示したものであり、
「整理された内容」そのものなのです

これらの表をそのまま覚えさえすれば
(覚えるのは大変ですが)
解けてしまう肢もそれなりにあると思います。

ですがやはり、単純に表を覚えるだけではなく、
テキスト、講義、条文、過去問の内容を
自分の頭で理解し整理した結果が
結局はこのような表の形に集約されたのだ、
と実感できるような感じで、
常に表の「形」の中に
内容を注ぎ込みながら覚えるようにすることが
大事ではないかな、と思います

そうしていると最終的には、
問題に出やすい「比較ポイント」が、
内容的に整理された状態で
頭の中に埋め込まれます

一気にやる必要は無く、
内容→表自体の暗記→内容・補充→表自体の暗記…
このスパイラルを絶えず繰り返していけばよいと思います


もうひとつの比較のポイントは
「できるだけ広い範囲で比較する」です

例えば、民訴以下の科目には
「管轄」が出てきますが、
私は最終的には、
(民訴・)民執・民保・供託の管轄を
すべてひとつの紙に
まとめて書いて覚えるようにしていました
(異議申し立ての際の「管轄」も一緒にです。)

会社法では、例えば、各種議事録。

たいがいのテキストには
株主総会・取締役会・監査役会・委員会のそれぞれについて
「備置の場所・期間」
「閲覧請求できる人の範囲」等をまとめた
比較表があると思いますが、
私はさらにその脇に
株主名簿、計算書類、会計帳簿、定款などについての情報も
書き加えていました

商業登記では
規則61条5項書面の要否について
組織再編の際の各消滅会社・存続会社を並べるだけでなく、
新株発行のとき、
資本金の減少のとき、
組織変更の各場合
(合名・合資→(株)、合同→(株)…のそれぞれ)、
全て一ヶ所にまとめて書いていました。

【写真:用紙は文庫本サイズ。
ごちゃごちゃしていて字はかなり小さいです。】

画像


「まとめて」といっても、
はじめからまとめて書いたわけではなく、
もとの表にどんどん似たものを書き加えていった感じです。
(「なんか似たものあったな〜。あそこに足しとこう」
という感じ

その時はそうしたくてそうしていただけなのですが、
横断する範囲が広ければ広いほど
トータルでは覚えやすかったように思います

それがなぜかはよく分かりませんが、
単純にいって、多くをいっぺんに並べてみれば、
互いの相違点・類似点を見つけやすくなります

「なにかとなにかを比較すること」それ自体が、
あるものを「他方と違うなにか」として
記憶させる効果があると思います

また、あるひとつの点について
強引にいくつかの制度を比較することで、
それまで分断されていた知識が
強制的に繋がりを持たされます

断片的な知識が有機的にリンクして
全体がからみあうから、
トータルでは記憶が抜けにくくなるのかな〜、
と思ったりします。

それと関係があるのかわかりませんが、
・「株券提供広告」を要する場合
・少数株主権
・自己株を取得できる場合…等、
会社法だったら会社法の
全体を横断してでてくる暗示事項を押さえると、
ぐっと問題が解きやすくなりました

比較するべき項目が多いほど、
互いの干渉も強いので、
その辺はしつこく覚えなおし続けるしかありませんが、
なにかを覚えようとする際に、
比較範囲をだんだんと広くしてくことに
チャレンジしてみてください

これらの方法が皆さんに合うか分かりませんが、
なにかの参考になれば幸いです
(またまた長文で失礼しました



NS大阪支部員  本間詠美子

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「私の学習法〜その19 暗記A 長い串で串刺しにする」:本間詠美子さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる