Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「私の学習法〜その20 『超具体的なミスの減らし方』(?)」:本間詠美子さん

<<   作成日時 : 2012/03/07 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、本間詠美子です

今回は、
受験仲間からの質問がきたので、
それにお答えするような記事を
書いてみたいと思います

質問されたのは、
「超具体的なミスの減らし方」=
「どんなミスをして、
どうしてミスをしたかをどこまで考えたか」、
ということです


…ところで、本題に入る前に
これまでの記事について
ひとこと付け加えておきたいことがあります

私の記事というのは、
たまたま受験で結果が出たので、
あとづけで理由を探して書いているようなものです。

受験の最中は、
ここで紹介したような方法を
そのままコンスタントにできていたわけではないし、
初めからそうしていたわけでもないです

むしろ実際の日々は、
うまくいかなくて、
そうしようと決めたのにできなくて、
どうしたらできるようになるか模索して…
の繰り返しでした

これを読んでくださっている受験生の方は
色々迷いながら悩みながら勉強されている方が
ほとんどだと思います

当然私もそういう状態でした。

でも、できないのは当たり前で、
「できるようになろうとする」
=「毎日自分と葛藤する」こと、
その時間の積み重ねが
結果的には合格への道程となりました

自分がたてた目標をこなそうとするのは
すごく大事なことですが、
あまりプレッシャーを感じすぎないでください。
(…それも難しいことですが。)

できるようになろうともがく辛さは
当たり前のもので、
しかもどうしても必要なものなのです


さて、具体的なミスですが…
最後の最後まで満遍なくミスしている、
というのが正直なところですが、
ミスノートの最後のほう(直前期)から
ケアレスミスしたものを拾ってみます

まず、不動産登記法。
・混同を忘れない
・混同に「登記原因証明情報」不要
・問題文に申請順序の記載があったのに読み落とした…
・「遺贈」で亡Aの識別つけ忘れ(怒)
・所有権保存の根拠条文忘れない
・根抵当権第三者の差押さえでも収益執行なら確定しないでしょ
・原因日付間違い etc…
(…書いていて驚くような基本事項ばかりです)

添付書面を忘れる、
原因日付を間違える、
などはケアレスミスですが、
実体上の知識も、ふと勘違いして、
勝手に根抵当権の元本を確定させたりしているようです

次に商業登記。
・役会非設置会社で「役会議事録」をつける
・登録免許税の計算間違い(色々)
・代取になった取締役が社外である/支配人であるを見落とし
・諸々の添付書面おとし etc…

特に役員変更での実体上のミスやモレが多いですし、
添付書面落としはかなりしています。
(添付書面はホントに最後まで拾いきれなかったです
けっこう多いのがお金の計算のミスです
(登録免許税だけでなく資本金がアップするときとか)


「どうしてミスをしたかをどこまで考えたか」、
という点についてですが、
私自身の記憶では、それほど深く原因を探ってはいなかったです。

ただ、分析すると「ミス」にも種類があって
それによってアプローチはちがったと思います

解答を見たときに、
@「あ〜、そういえばそうだった
と思うものについては、
原因を考えるわけではなく、
「思考ルートの徹底が必要」と考えて、
繰り返しを強化する。

一方、
A「えなんで」という風に、
自分の理解や記憶と違うと感じるものについては、
(自分の頭の中の回路が間違って繋がっているはずなので、)
解説をじっくり読んだりテキストにもどったりして
「思考ルートを作り変える」ようにする。

あとBとして、
記述がはじまったばかりの頃や難易度の高い問題では
知識自体を知らないために犯す「ミス」…
というか「間違い」もありますよね。

それはその知識を
その時にできるだけ吸収するしかないです。

Cもっとテクニカルな問題で、
「つい写し間違っちゃった」、「問題文をちゃんと読めなかった」
ということからくるミスもあります。

これはちゃんと書き出して「手順に組み込む」。

多分私は、なにかミスしたら
「これらの『原因』のどれに当たるか」ぐらいの判断をして、
あとは対処法を考える、
という感じだったと思います

「原因」探しが一番大事になるのはAだと思いますが、
「どうしてこういうミスをしたのか」と、
わざわざ原因を探して取り出して考えるよりは、
「なんかまちがって覚えたらしい」→
「正解はそっちじゃなくて、こっちだよ」
という風に軌道修正するほうに力をつかっていたと思います

かなり対処療法的でした。

一つの正解を求める試験では、
「ミスの原因」をそこまで深く考えなくても
実際はなんとかなるような気がします。

「どうして」よりは「どうすれば」だったかなあ、
というのが私の実感です

あんまり具体的でなかった気もしますが
参考にしてみてください



NS大阪支部員  本間詠美子

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「私の学習法〜その20 『超具体的なミスの減らし方』(?)」:本間詠美子さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる