Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS Review「私の学習法〜その5 記述式の勉強@」:本間詠美子さん

<<   作成日時 : 2012/12/18 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、本間詠美子です

今回は記述式の勉強について書きたいと思います。

私は平成23年の本試験では、午前択一26問という結果で、
本当に危いところだったのですが、
記述の点数はそれなりによく(不31.5 商21.5)、
記述に助けられて合格することができたと思っています

そしてそれはひとえに、
山村先生に習った記述式のメソッドを
うまく使えた結果だと思っています。

私がやった記述の勉強は以下の表の通りです。

私はあまりきちんと記録をとっていなかったので、
「?」のところは推定です

【使用教材】
@入門講座 記述式基礎問題集(不46問)(商44問)
【繰り返した回数】
不登法4〜6回
商登法約4回

A入門講座 記述式演習(5問づつ)
不登法4回?
商登法3回?

B記述式「答案構成力」養成講座(6問づつ)
不登法4回?
商登法3回?

C『ブリッジ 実践編《第3版》(早稲田経営出版)』(不27問)(商19問)
不登法2〜3回?
商登法2回?

Dうかる!記述式(3問づつ)
不登法1〜2回
商登法1〜2回

E『うかる!記述式 答案構成力 実践編(日本経済新聞出版社)』(不4問)
不登法1〜2回
商登法できず

F記述過去問
不登法10年分弱?
商登法5年分?

※伊藤塾関連の講座や山村先生の書籍ではありませんが、
私は市販の問題集である『ブリッジ』を使っていました。

これ答案構成力養成講座の不登法が終わったあと、
年末年始からなにを勉強したらよいか
山村先生にうかがった際に薦めていただいたものです。
答案構成を使って解いていきました。

この本には
伊藤塾の講座ではカバーできなかった範囲の問題ものっていましたし、
択一知識を強化する意味でもやっておいてよかったと思います。


私は記述式の学習については、
なにも特別なことはしていません。

講座のカリキュラムにそって演習を行い、
授業で山村先生に言われたことを、
そのまま実行していました。

具体的には以下のことを行いました。

1)ミスノートの作成
2)答案構成のアレンジ
3)解説講義ノート
4)手順の確立

今回は1)、2)について書かせていただきます。

1)ミスノートの作成

ミスノートは、記述の問題を解いて
自分が間違ったところをメモしておくためのノートです。

間違いを簡単なメモに残し、それを繰り返しみることで、
自分の間違いやすいところ
どうしてもケアレスミスしてしまうところ
覚えにくいところを把握して気をつけることができます。

毎日、寝る前には見るようにしていたと思います
(寝る前も記憶に良いと聞いたので)。

私はミスを書くだけでなく、
知識のまとめもここに書き記していましたし、
テキストの表のコピーを挟み込んで、
「あれ?」と思ったときなどにすぐに確認できるようにしていました。

【ミスノート】
画像


最終的には、記述でつまずいたら
ここを探せばたいがいのっている、
という感じのデータベース的なものになりました。

私は「ミスをしない」ということ自体が、
「迅速な事務処理能力」と共に
司法書士試験で試験官が試したい
「能力」のひとつだと思っていたので、
「ミスをしないこと」をひとつの科目(?)と思っていました。


2)答案構成のアレンジ

私は最後まで、
答案構成をかなり細かく記入しながら使っていました。

山村先生がはじめに教えてくださるより
たくさん書き込んでいたと思います。

答案構成のアレンジで一番大事なことは、
実際に問題を解いて使っていく中で、
自分の中に生まれる違和感や、
「なんか不足を感じるな…」という感覚を意識しておくことです。

その違和感や不足感にアレンジのヒントがひそんでいます

たとえば、山村先生は
横長に紙を置いて左右方向に軸をとりますが、
私は文字を縦書きすることに違和感を感じたので、
紙を縦長に使い、登記簿・時系列を
縦方向にとって答案構成をしていました。

【答案構成不登】
画像


また、不登法では
平成22年合格者の方が、問題文を読みながら答案構成に、
「不動産、依頼人、申請日」などを書き入れていた、というのを伺い、
私自身、「依頼人」や「申請日」が
問題となる場合の間違いが多かったため、
さっそく答案構成に書き入れることにしました。

商登法では、
株主総会の出席者数や、株式の発行可能数、発行済み数も
すべてこまごまと書きいれていました

【答案構成商登】
画像


とにかく私は数字が覚えられず、計算も苦手なので、
問題文を読んだだけで判断するとか、
後で問題文を確かめたりするより、
さっさと書きうつして
答案構成の上で手を動かしながら考えたほうが正確で速い
と判断したのです

答案構成は、自分の問題意識を反映させていけば、
自然に山村先生の基本形から変形していき、
自分に最適な形になっていくと思います。

次回、3)4)についても書いていきたいと思います



NS大阪支部員  本間詠美子

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Review「私の学習法〜その5 記述式の勉強@」:本間詠美子さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる