Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「記述式は料理の如し?」:後藤克教さん

<<   作成日時 : 2013/05/14 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。静岡の後藤です

開業して5か月になりました

忙しさにかまけてサボり気味でしたが、
先日のNS全国大会で他の執筆陣に刺激されたこともあり、
久々に書いてみました

今回は特に初学者向けに記述の方法論です

私が受験生の時代、
記述式とは料理と同じである、と感じ対策を立てました。

ありえない例え話ですが、お付き合いください

試験問題
「スーパーで買い物をしてシーフドカレーを作ってください。
ただし、皿の右側にカレー、左側にライスを盛ること。」

Step1、その前に・・・。

試験問題をもう一度読んでください

「シーフドカレー」脱字ではありません。

私が意図的に脱字しました。

みなさんはどうしました

「シーフードカレー」なんだろうな、
と出題者の意図を読み取った方、
あるいは気づかない、またはスルーした方が大半でしょう。

この感覚が(不幸にも)役に立つときがあるのです。

私が受験時代、本試験で
「出題ミス疑惑」があったときがありました

おそらく、出題者の意図を読み取って解答したか、
気づかなかったことが結果的によかったのではないでしょうか

「シーフドカレー」って何
とあれこれ詮索するとムダな時間を費やします。

受験生に一手間負担をかける出題ミスは
あってはならないことですが、
不幸にも出題ミスに気が付いたら
出題者の意図を推し量る作業が必要です。

さて、気をとりなおして進みましょう。

Step1 材料集め(=知識の吟味、選別)

さて、スーパーで何を買います

人参、ジャガイモ、玉ねぎは定番ですね。

これは迷わないはずです。

重要なのはシーフード

イカやエビ、ホタテはOKですが、牛肉はNGですよね。

マトン(羊)もしかり。

またカレールーとシチュールーを取り違えると不正解です。

試験に置き換えると、
シーフードの定義、カレールーとシチュールーの違いは
出題者が最も関心のある重要論点と言えるものです。

マトンが羊であることは
知識として知っていなければならないのです。

スーパーはいわばみなさんの脳。

商品は知識。

そして商品選びは必要な知識を取り出し、検討する作業。

マトンが羊であることは択一レベルの知識、
に置き換えられるでしょう。

こう考えると記述式も気が楽になりませんか

Step2 調理(=事案分析)

さて、調理です。

材料を炒めて、鍋に移し、水を加えて煮て、
火が通ったらルーを入れる。

この手順はみなさんご存じのとおりです。

この手順って学校や親に教えてもらいましたよね。

そして自分が作ることになって回数を重ねるごとに
てきぱき調理できるようになっているはずです。

記述式も同じこと

予備校で解法を教えてもらい、
あとは回数を重ねて会得する。

弱点は修正し、効率的な解法に修正する。

これが記述式上達のセオリーだと思います。

まちがっても煮てから炒める、
というような基本を崩す自分勝手な組み換えは
しないほうがいいでしょう。

あくまで微調整で事案分析の方法論を確立してください

Step3 盛り付け(=解答用紙に記入)

問題でカレーの盛り付け指示がありましたよね。

例えば添付書面の特定の仕方など
記述式でも解答の書き方は指示されています。

指示に従わないことにならないように気を付けましょう。

おまけ 隠し味入れるべき(=答案に個性を出すべき)、
おいしくするべき(=きれいな答案にすべき)

「カレーにすりおろしたリンゴを入れるとおいしい」
と思って入れても、
食べる採点者の口にあわないことは往々にしてあります。

同じく、答案もオリジナリティを出すのは避けて、
オーソドックスな答案にしておくほうが無難でしょう。

また、試験問題では
「おいしいカレー」とまでは要求されていません

無論おいしいほうがベターですが。

答案もきれいな答案のほうがベターですが、
時間が限られているので多少見栄えが悪くても
(読める程度は最低限ですが)、
試験問題の要求に合致する内容が書かれていれば
いいと割り切ることも必要です

GWが終わり、
いよいよ緊張感が高まってくる時期かと思います

本試験当日に100%の力が発揮できるように、
知識の確認、体力・健康の維持管理には
気をつけて励んでください


後藤克教

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「記述式は料理の如し?」:後藤克教さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる