Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「平成25年度本試験〜合格するために考え抜いた方法論〜」:松本光平さん

<<   作成日時 : 2013/11/04 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

〜☆〜☆前回のつづき☆〜☆〜

V 去年までと違った事
・知識だけでなく解き方にもこだわった

・今までは、問題冊子は汚さずに
解答用紙のみをコピーして演習をしていましたが、
今年は、問題冊子を含め全部コピーして、
演習の時から自分の解答手順どおりに、
マーカーを引いたり、メモしたりして
どこにマーカーを引くのか、
何色のマーカーが良いのか、
答案構成用紙には、何をメモするのかなど、
色々検討してみました

問いや注意事項を読むタイミングなども検討し順番を決めました。

今年の本試験では、
すぐに事実関係が記載してあったり、
遺言書の後に登記記録が載っていたりと、
普段の演習とは多少違った形式でしたが、
決めた順番通りに読んでいったので特に気になりませんでした

・設問形式で間違いノートを作った

一度でもこの講座を受講した事がある方は、
間違いノートを作成していると思いますが、
その中でも知識が混乱しやすい所や、
なんど覚えても忘れてしまう所などがあると思います。

そのような項目については、
設問形式で間違いノートを作成していました。

ちょっとした時間を使って
答えの部分を隠して知識の確認をしていました。

・ミスを検証し必ず対策をした

問題演習をした時に、やってしまったミスを
3つに分類して「何度もやってしまうミス」をなくす努力をしました。

@知識不足

これは、ミスとは言えないかもしれませんが、
これについては設問形式で間違いノートにメモしました

A単なるミス

B何度もやってしまうミス

の二つに分けました

この違いは、
感覚的に分類したものなので定義は曖昧ですが、
何度もやってしまうミスには、
「あ〜またやってしまった」っていうものを集めました。

例えば、
「移転した持分の価格」という文言だったり、
識別を提供できない理由の記載とか、混同のチェックなどです

とくに「なんどもやってしまうミス」をなくす為に、
対策を考えていました。

私の場合は、択一もそうですが、
問題文を読み違えたり、読み飛ばしてしまう
というミスがよくありました。

その対策として、
すべて、シャーペンでなぞりながら読む事にしました

当然、本文を読むのに時間がかかるようになってしまいましたが、
択一でも読み違いによるミスはなくなりました。

また、登場人物や、日付の前後を取り違えてしまう
というミスもありましたので
そのような項目に○をつけて強調していく事で、
強く意識するようにしていました


つづく

松本光平

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「平成25年度本試験〜合格するために考え抜いた方法論〜」:松本光平さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる