Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Review情報集約ツールについて考える」:すず喜 じゆんさん

<<   作成日時 : 2014/03/28 00:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、すず喜 じゆんです

今回は情報集約ツールについて書いてみたいと思います。

たまに受験生の方から
「何に情報を纏めるのが良いのでしょうか
と聞かれることがあります。

私はいつも
「纏めるのであれば、何でも構いません」
と答えています

一般的には
入門講座のテキスト、中上級講座のテキスト、
直前チェック、分野別の過去問、
のいずれかに纏めている方が多い気がします

私は全て小山先生の
中上級講座のテキストに纏めていました

択一式に必要な知識が
網羅的に纏まっているのでとても重宝しました

因に科目ごとに集約ツールが
異なってもまったく問題はありません

この情報集約という作業は、
超直前期に何を見るか
という為の選別だと思っています。
(超直前期とは本試験前の1〜2週位の時期を
私が勝手にそう呼んでいます

私の超直前期のスケジュールは、
16日前〜8日前の8日間で全科目を1回転、
7日前〜2日前の6日間で同じことをもう1回転、
前日はフリーとして本試験現場で見るものを確認、
という感じで組んでいました

ここで使うものを一年かけて作っているのです

その方の超直前期の使える時間と性格によって
情報集約ツールは変わってくると思います。

例えば、時間が限られた方が
入門講座のテキストに纏めたとします。

そうすると、全てを見ていたら時間が足らないので、
どこを見るかを決めて、見ない個所が気にならない様に
訓練しておく必要があります

書いてあるものを全てを読みたくなる方は、
あらかじめ情報が絞り込まれたものに
自分で加筆していった方が向いているかもしれません

とは言ってもやはり好みの問題なので、
これだけで大丈夫と信じられるものに纏めてください

インプットの具合により
見たい情報は少しづつ変化しますので、
状況に応じた修正は必要となりますのでお忘れなく

その他に、
本試験現場で見たい情報を纏めたものを
別に一つ作ってほしいと思っています

小さなメモ帳でもルーズリーフでも良いです。

私は表をコピーしたものを
バインダーに綴じて持っていました。

午前科目と午後科目に分けて
各30分ぐらいで見れる様な
ボリュームにしておくのが良いでしょう

あまり欲張って現場で見れないと
精神的には気持ちよくありません

絞り込んだ情報から更に厳選して
短時間で見れる様に工夫してください。

あまりマニアックなことは書かずに、
基本だが絶対に間違えたくないことを
中心にするのがお勧めです

三月に入り、直前期が気になりだす時期です。

公開模試の日程くらいは確り決めてありますか

四月以降は科目間のバランスを
意識する必要がでてきますが、
個人的には三月までは
気になる個所中心の学習でよいと思っています

苦手と思う個所は
是非この時期に一度潰しておきましょう


すず喜 じゆん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「Review情報集約ツールについて考える」:すず喜 じゆんさん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる