Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「択一に落ちない方法論その1 本試験における20:10:5の法則」:村上聡さん

<<   作成日時 : 2014/04/02 00:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

みなさん,こんにちは。村上聡です

今回から
「択一に落ちない方法論」をテーマに
お話しさせて頂きたいと思います

択一試験の配点は
全体の75%を占めますので,
択一に落ちない方法論を
身につけることは非常に重要です

受験生の皆さんは,
これから何度も過去問を検討されると思いますが,
全く同じ問題は二度と出ないのに,
なぜ過去問を検討する必要があるのでしょうか。

それは,前回,私が試験は「戦争」であり,
「敵を知り,己を知る」ことが
「戦争」に勝つために不可欠であると
強調させて頂いたこととも関係しますが,
過去問は,試験委員が作成した過去の本試験問題であり,
過去問こそが「敵」の姿を知るのに
唯一にして最適の素材だからです

「敵」の姿が捉えられたら,
後は「己」に足りないものは何かを
日々探究してください。

過去問を検討する際に意識して頂きたいのは,
本試験では,おおよそ
「基本問題20問:応用問題10問:捨て問候補5問」で
構成されているという事実です

ですから,普段過去問を検討するときから,
当該問題の正答率を予想しながら
検討して頂きたいのです。

なぜ上記のような比率になるのかは,
国家試験に求められる要請から
答えを出すことができます

そもそも国家試験の本質は,
専門家の能力を国家が担保する点にあります。

そのため,国家試験では,まず,
@合格者のレベルを一定に保つこと,が要請されます。

そのため,試験委員は,
専門家として絶対に分かっていて欲しいと考える事項を問う
基本問題を出題してきます

基本問題は,重要条文,通説,重要判例・
先例に関する記述の占める割合が高く,
本気で勉強してきた受験生なら確実に正解できます

そして,基本的な事項は形式や角度を変えて
繰り返し出題されていますので,
過去問を検討すれば
試験委員が受験生に要求する
「合格に必要な知識の射程」を
掴むことができると思います。

次に,国家試験も選抜試験ですから,
A点数に差がつく問題を作ること,が要請されます。

いわゆる合否を分ける問題です

複数の知識を組み合わせる問題や,
制度間比較を厳しく問う問題が多く,
受験生の応用能力を試してきます

「もっともらしい誤り肢」,
「嘘っぽい正しい肢」も多く,
知識が曖昧だと,いとも簡単に
試験委員の術中にはまってしまいます

落とす試験としての
択一試験の真骨頂が最も発揮されるところです。

最後に,試験委員は,
通常の受験生では解けない
捨て問候補の問題を
わざと5問くらい出してきます

これは,
満点続出を阻止する意図とも思えますが,
私はむしろ,
B確実に取るべき問題と捨てるべき問題を
限られた時間内で見抜く能力を持った受験生を合格させたい,
という意図によるものと考えています。

捨て問候補の問題を短時間で捨て,
浮いた時間を他の解ける問題や記述式に回せれば,
時間不足が原因で
解けるはずの問題が解けないという事態が起こらなくなり,
合格への道が一気に開けてくると思います

基準点を確保するには,
基本問題をすべて正解し,
応用問題のうち,
解けそうなものを7〜8問正解できればいいことになります。

捨て問候補はあと回しにして,
どうしても解けない問題は試験終了間際に
3にマークして運を天に任せましょう。
 
普段過去問を検討するときからやるべきことは,
どの肢が基本事項に関する記述かを常に意識し,
基本事項に関する記述から
正誤判断をする習慣をつけることです

これにより,
現場で問題のレベルを判断する「目」が養われてきますし,
勉強が進んで確実な知識が増えるにしたがって
点数も伸びてくると思います。

時間内で最高のパフォーマンスをして
合格を勝ち取ってください


村上 聡

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「択一に落ちない方法論その1 本試験における20:10:5の法則」:村上聡さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる