Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「3年越しの合格論@〜分析編〜」:竹中章さん

<<   作成日時 : 2014/04/16 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、竹中です

3回に分けてお話しますが、今回は、分析編

合格を大きく2要素に分けてみるという話です

抽象的な話なので
分かりにくいかもしれませんが、お許しください。


また、この時期は、
抽象論よりも具体論が聞きたいかもしれませんが、
抽象論のバックボーンというものは、
すべての時期において必要なものですから、
必ずやお役に立てる
内容になっているのではないかと信じております。


さて、いきなりですが、まずは質問から


合格するために、
しなければならないこととは何でしょうか


そりゃがっつり勉強することでしょ、
という答えがあるかもしれません。

もちろん正しいです。


本番のための「準備」の要素であるといえます。


ただ、当たり前ですが、
本試験当日に、
会場に行って試験を受けてこなければ、
そりゃ合格できません

ちゃんと試験を受けるなんてのは当然だとしても、
本試験当日に、
最大限実力を発揮しきってくることもまた必要です。

つまり実際の「本番」の行為も必要であり、重要


「本番」の要素ですね

したがって、
合格するために、
しなければならないこととは、
頭の中に知識等を「準備」し、
「本番」で適切にそれを使って、
解答用紙に点数になる文字を書きつけてくること
であると私は考えます。

つまり、合格には、大きく分ければ、

「準備」と「本番」の2要素があるということです。


本論からやや話がそれますが、
試しにもう少し細分化してみます。


まずは、「準備」の要素

「準備」の要素の中には、何があるでしょうか

つまり、何を準備するのかということです。


準備する最たるものとして、
まずは知識ですね、当然です。

それをまたさらに細分化すれば、
種類、数、定着度(鮮やかさ)などでしょうか。

他に準備するものとして、
問題を解くスキルもありますね。

択一の解き方、
書式の判断手順や
答案構成方法など。

さらに、本番で最大限力を発揮するためのスキル
というようなものも考えられます

試験戦術とも言えるかもしれません。

先程の定義に即して言えば、
本番で知識を適切に使うためのスキルであり、
解答用紙に点数になる文字を
書き付けるためのスキルです

これは模試で本格的に鍛えることになると思います

問題のとばし方、
リズム、
精神を維持するスキル、
現場対応力、
速書き法、
昼休みの使い方…

挙げていくとキリがないぐらいあるかもしれません。


次に、「本番」の要素

本番の要素の中には、

当日の運、
当日のメンタル、
当日の体調、
当日の事務処理能力、
当日の現場対応力
などがあるでしょう。

すべて当日の、
一時的な、一過性のものですから、
かなり不確定な要素であるといえます。

だからこそ、それに備えて試験戦術が
準備の要素に含まれるわけです。

細かく分けるとややこしいですね

話を戻すと、
とにかく、大きく分けて、
「準備」と「本番」の2要素があると。             

それでは、合格には、このように2要素があるとして、
各要素が合格に与える影響力はどのぐらいでしょうか。

換言すれば、
それぞれどのぐらいの重みがあるのでしょうか。

私の個人的な感覚としては、


50%50%ぐらいが普通だと思います。

一生懸命準備しても、
そのぐらい本番は重くなりがち


試験時間に余裕のある普通の試験であれば、
本番の要素はさほど問題にならないかもしれません。

しかし、この試験は、ご存知の通り、
かなりギリギリの時間制限が課せられていますから、
本番当日の事務処理能力にかなり左右されます。

また、一筋縄ではいかない問題が出ますから、
当日の現場対応力次第な部分もあります。

だから、どうしても本番の重みが大きくなってしまう。

そりゃ番狂わせだって起こります

実力者であっても
常に本番という不確定要素の不安と戦いながら、
勉強しなければならない。


準備だけで決まらない試験、
すべては本番の5時間の出来で決まる一発勝負の試験、
運の試験、イスとりゲーム、
といったような司法書士試験観が生まれるのも当然です。


しかし、そんなしんどい試験に
どうにかして勝たなければならない。

がんばって準備して、
あとは本番の出来に、賭けるしかないのか。

もっと確実さを上げる方法はないのか。

50%50%のバランスは崩せないのか。


次回は、

こんなしんどい試験に勝つための対処法
についてです


竹中章


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「3年越しの合格論@〜分析編〜」:竹中章さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる