Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「直前期の皆様へ」:松本光平さん

<<   作成日時 : 2014/04/21 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

お久しぶりです平成25年度合格者の松本です

特別研修が終わった、
3月から事務所に就職し日々実務と格闘しております

実務では、「常に100点が求められます。その代わり答えを見てよい」
と言われます。
書籍を調べて答えを見て業務を行っていれば簡単!
を思われますが、人間やはりミスがあるものです。

登記申請前にダブルチェックをするので、
その中で発見されますが、
新人の私は、ミスを減らすのに必死です

記述式の勉強で、
間違いノートを作ってミスの削減に努めていた事を思い出します。

受験生のみなさん、今やっている勉強は必ず実務で役立ちます!
今のうちから、ミスをしない訓練をしておきましょう

さて、先日、中小企業支援の勉強会の第1回目が開催されました

これは、皆川先生のご支援のもと、
平成25年度の合格者が自主的に立ち上げた勉強会です

一般的な司法書士事務所では、
不動産登記業務の割合が高く、
商業登記や企業法務に積極的に取り組んでいる事務所は多くありません。

中小企業の経営者の相談役としては、
多くの場合税理士が関与していますが
法律専門職として司法書士が法的アドバイスをする事ができるように
そのスキルを身につけようという思いで勉強をしています

受験勉強においては、
王道の勉強法があり、
要求される知識範囲の広さや時間的制約から、
他の多くの受験生と違った勉強をするのは危険です

でも、合格後は自分の好きな勉強をすることができます。

そして、司法書士業務として
どんな仕事に取り組んでいくかという事ももちろん自由です。

司法書士の資格にとらわれず司法書士業務をしない
という選択肢だってあります

勉強会で講演してくださった河合保弘先生は、
「民事信託」に積極的に取り組んでおられるそうです


信託法は、民法の特別法なので
民法の世界では実現できない事が
民事信託を活用する事で、
より依頼者の要望にかなった解決をする事が
できるようになるそうです

現在、民事信託ができる司法書士は、ほとんどいないそうです

新たな分野を開拓するのは、
勇気も努力も必要になるでしょうが
合格後は、王道はありません

自分の進みたい方向を選択し、
必要なら勉強をして、経験を積んでいけば
その方向は無限に広がっていきます


直前期に突入し、
受験生の皆さんは、大変な時期だと思いますが
是非、合格後に進みたい方向を思い描いて、
この時期を乗り越えて頂きたいと思っています

応援しています


松本光平

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「直前期の皆様へ」:松本光平さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる