Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「凡事徹底 その3」:加藤裕さん

<<   作成日時 : 2014/04/29 00:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

競技の世界でも試験でも、
凡事徹底をしている人は確かに勝てています

まず、勝負の差は
「基礎力の差」である事を知っているのです

基礎力で勝負は決まるのです。

しかし、基礎が完成することは一生ありません


完成出来ないのに勝つのです。

つまり、相手が自分より基礎ができていないので
相対的に勝っているだけです

こだわるべきは基礎(凡事)の精度なのです

勝負時で非凡な能力を出す人をよく見ると、
圧のかかった非凡な状況下で能力を発揮しているものの、
出した能力は実に基本に忠実なものばかりです

凡事が自然と出るまで
徹底できるかの我慢勝負に勝っただけ

勝負はその前段階でほぼ決まっています。

前段階がいい人で勝負中の取り組みがおろそかな人はまずいません。

当日だけダメな人なんていません

本番がダメなら前段階からすでに取り組みが甘いのです。

また、凡事徹底をしている人は基本しかやっていませんが
基本の精度は誰にも負けません。

勝負で使う技のバリエーションは少ないが出せば勝てます

そして少ないことは不利ではなく有利であるということ。

技を選ぶのに困らずシンプルな思考で瞬間的に技が出ます

基本しか知りませんが基本には自信があります。

肢を切る際に必要なのは「精度の高い基礎知識」のみです。

その他を知らないことに意義があります

また、凡事徹底をしている人は、
本番の勝負所で肚のすわった勝負ができます

フワフワしないのです。

基本しか武器が無いですので、
当日もそれをやるしかないのです。

いつもの自分を信じていつも通りやるしかないのです

やることが決まっているというか、
それしかしていないというのはとても精神的に安定します

当日はいつも通りやればいいだけなのです。

「いつも」がいい人は「本番」もいいです。

つまり日頃からあれもこれもと
無い物ねだりの取り組みをしてはいけないということ。

この範囲なら徹底できるという範囲を決めて
その範囲を徹底すべきです

仕上がった技術しか勝負では使えません。

何をするにしても英断が求められる厳しい時期になりました

自分のことを真剣に考えるほど、
努力を重ねるほど、
試験現場で責任ある判断ができると思います

周囲が遊んでいるなか、
自分に厳しく勉強しているみなさんの未来が
周囲と同じでいいはずがありません。

そんな未来は
みなさんも許せないと思いますが私も許せないのです

応援してます

加藤 裕

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「凡事徹底 その3」:加藤裕さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる