Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「自己分析の具体的な手法」:法務ネクス子さん

<<   作成日時 : 2014/07/11 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

本試験本当にお疲れさまでした

皆さんの努力に心から敬意を表します

極度の緊張感の中頑張ってこられた皆さんは
しばらくは休養を取ることが必要です

しかしその前に、来年の合格を目指す方も、
今年合格しているかもしれない方も含め、
ぜひ今すぐしていただきたいことがあります。

それは本試験の自己分析です

皆川編集長の記事と重複しますが、
今は覚えている思考プロセスも勘違いした場所も悔しかった思いも、
それほど忘れないだろうと思われるかもしれませんが、
驚くほど記憶は風化していきます


来年に向けての方針を決めるために一番の助けとなるのは、
本試験に自分がどれだけの知識で挑み、
どのように肢を切り、時間配分を考えたかという生のデータなのです。


今回はこの自己分析の具体的なやり方をお伝えしたいと思います

下記の手順を参考にして頂き、
今週中くらいまでに本試験中の自分を
録画するイメージで記録を書き出してみてください

来年の合格を確実にするための大切な資料になります。


(1)問題を解いた順番を思い出せる限りで時系列で書き出す

択一の会社法から解き○問目は難しいからとばした、
など具体的に書きます。

また、択一の最初は慎重になりすぎてゆっくりしすぎたから
後半の記述式で時間不足になったなど、
時間配分の反省点も書き出します。


(2)全肢を検討する

本試験の問題を1肢ごとに

@過去問またはテキストの基礎レベルの知識からの出題

A未出問題だがテキストの応用論点や
答練や予想問題で習得した知識からの出題

B未出問題で知らない知識からの出題

に分類していきます。

その際、@Aに関しては解く際に頭に浮かんだ
テキストのページ数や過去問番号などを書き込みます。

@は全員にとって同じ問題があてはまることが多いですが、
ABはお一人ずつ違ってきます。
ポイントはAです

これから1年間の勉強で
@を確実な知識として押さえ続けた上で
Aの知識をどこまで増やすのか、
この見極めが合格を大きく左右します。


(3)コンディションや休み時間の過ごし方など
気付いたこと、今の気持ちなどを書き出す

全肢の検討を含め、
やり始めると手間がかかるとは思いますが、
ぜひやってみてください

少し休養を取り、来年に向けてやる!と決意されたときに
とても心強い味方になってくれるはずです


法務ネクス子

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「自己分析の具体的な手法」:法務ネクス子さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる