Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「【続】合格したい受験生がぜひ参加すべきフォーラム」:山口岳彦さん

<<   作成日時 : 2014/10/28 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 4

本年10月12日の記事の続編です。
前編は↓こちら↓です。
http://next-stage.at.webry.info/201410/article_16.html

今回は、受験生だった私が
青年司法書士フォーラムと懇親会で得たことをお伝えします

大別すると以下2点に集約されます

1.司法書士の実際の姿

2.受験勉強への影響

順にご説明申し上げます


1.司法書士の実際の姿
(1)本物に触れた

合格の先に何があるのか、
合格の先の世界では
どのような人がどのような活躍をしているのかを知ることは、
司法書士を目指す上で重要であることは言うまでもありません

そこで、多くの受験指導校では科目の知識だけではなく、
「司法書士とはこのような職業で、
このように活躍している人がいる。
社会的にどのような役割を担っているか」
というような情報も受講生に提供していると思います。

司法書士に会ったことがなくても
どこかの指導校を利用して勉強していれば、
司法書士のイメージは持てると思います

私が思うに、塾の講師から聞いたイメージだけではなく、
本物に触れる体験をすることにも大きな意味があります。

塾の先生方が紹介してくれた
正義感の強い先輩司法書士が本当にいることを知りました

本物に触れることで、
自分がやっている勉強のその先にある
目指したい世界をより鮮明にイメージすることができ、
科目の知識一つ一つを実務で使いこなすイメージも
徐々に持てるようになっていきました

過去問1問を解くとき、
実務で使う自分をイメージして解くのと
単に試験勉強として解くのとでは、
得られる効果に差があります。


(2)自分の合格を待ってくれている人がいることを知った

また、10月12日の記事でも触れたように、
実際に司法書士として活躍されている方から
「早く司法書士の業界に来てほしい」と
面と向かって言ってもらえたことも大きかったです

資格試験に合格した時点では何もできない新人です。

一人荒海に飛び出すのではなく、
船の漕ぎ方を教えてくれる先輩が
自分の合格を待ってくれている事実を知って
勉強に取り組めるようになった、
この点においてもフォーラム+懇親会は重大な転換点でした


2.受験勉強への影響
(1)合格者の「勉強方法」と「勉強量」

カルロス先輩の勧めもあり
できるだけ多くの合格者から教わった話を総合すると、

@勉強「方法」はどんな形でもいいが、
 合格者の勉強「量」には最低限の相場がある

A自分がやってきた勉強「方法」は正しいとしても、
 勉強「量」が圧倒的に不足していた

この2点をハッキリと意識したことを覚えています

短期間で合格した方から、
数年かかった方までいらっしゃいました。

重複する問題も含め2000問を超える
過去問すべてを何十回も解いた方もいれば、
テキストを自分にとって見やすく加工して繰り返し読むのが中心で
過去問は5回くらいしかやっていない方もいました。

勉強方法は皆様それぞれのやり方があるようでしたが、
いずれにせよかなりの回数をこなしていらっしゃいました。

2年で合格したある方は、
「勉強を始めて合格するまでの2年間で、
布団で横になって寝たのは1晩だけ、
1回目の本試験の日の夜だけです。
その他は全部机に向かって椅子に座ったまま寝て」いたそうです

ある合格者の方が私に言った
「何で本試験までに全部やり切ろうとしないの?」
の一言はかなり衝撃的でした

短期間で合格する人が特別だとか
何年かかっても先が見えない自分が無能だとか決めつける前に、
少なくとも、合格した人たちがこなしたくらいの勉強「量」をこなそう。

合格者並みの勉強「量」をこなしてからでないと、
自分の才能の有無はわからない。
このように考えるに至りました。

自分が何年も続けているとはいえ、
「忙しい」「疲れた」「今日だけ休んでも大して遅れないし、
やっても大して進まない」を言い訳に
勉強から逃げていた時間がいかに多かったか、
短期合格者が短期間でこなす勉強「量」を
何年かかってもこなしていない自分がいたことに、
ようやく気が付いたのでした


(2)「量」をこなせる「方法」の工夫

また、上述のとおり
合格者の勉強方法は千差万別であることを知り、
(いたずらに学習範囲を広げずに)独自の学習方法を
開発・実践する勇気が持てた成果もありました。

それまでは、
@テキスト、A過去問、B条文、C以上の往復、D模試を受ける、
のような「典型的な学習パターン」が王道であり、
そこから外れた我流は危険だろうとの漠然とした恐怖感がありました

しかし、受験指導校から教わったやり方でも
そのままでは自分に合わないならば、
学習を継続するために
自分なりの「ちょっとしたアレンジ」を加えたほうがいい。

「ちょっとしたアレンジ」が最もしっくりくるならば、
それこそ徹底的にやろう、と考えるに至りました


以上のように、
3年前の青年司法書士フォーラムと懇親会への参加が
私の受験生活の転換点になりました

このフォーラムに限らず、
司法書士の団体が実施する講演会などに積極的に参加すれば、
合格のために何か得るものがあると思います


その後、私がどのような勉強方法を工夫したかにつき、
次回から「私の必殺技シリーズ」(仮題)としてご報告します


山口岳彦

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ぐっちーさん、投稿ありがとうございます。私も青年司法書士フォーラムでいろいろ学んできたいと思います。「私の必殺技シリーズ」も楽しみにしています。
かわせみ
2014/10/28 18:12
かわせみ様

コメントありがとうございます。

現在のかわせみさんは、3年前の私よりはるかに基礎力を蓄えていらっしゃるのでフォーラムで得られるものはかなり大きいと思います。久々にお会いできそうで嬉しいです。
山口岳彦
2014/10/29 13:23
新潟の司法書士のかわさきと申します。

山口さんのブログは
司法書士フォーラムの主催者側でも
話題になっていますよ。

我々も、参加していただける
受験生や合格者の皆さんの
ためになるように、がんばりたいと思っています。

PS
私も今回のフォーラム(11/2 in 四ッ谷)で
少しお話しさせていただく予定です。
(私は変わったことを言うので、
 参加されても、あまり真に受けないでください)


かわさき
2014/10/30 15:14
かわさき様

コメントありがとうございます。話題にしていただいただけに、口述の結果がずいぶん気になり始めました。万一のこともあるかと思うと、ものすごくゾッとします。。。

3年前のフォーラムでも新潟代表でお話しされてらしたかわさき様でしょうか?
新幹線の座席の話などから、開業するうえで心配なことを丁寧に教えてくれそうな先輩として、印象的でした。

今年こそお近づきになれればと願っています。どうか宜しくお願い申し上げます。
山口岳彦
2014/10/31 13:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
「【続】合格したい受験生がぜひ参加すべきフォーラム」:山口岳彦さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる