Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「2014年度司法書士試験実況中継(択一式編)」:許壮栄さん

<<   作成日時 : 2014/11/23 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

午前の部

まず、問題冊子をざっとめくり、
憲法・刑法・商法の出題分野をチェックする

9:30〜10:20
民法
知識・組合せ型問題を探し、解く

個数問題等はチェック
(問題番号の上に「K」と記す)を入れつつ飛ばすも、
個数問題の多さに辟易する

債権法は組合や更改など、手薄な分野から出ている。

動揺するなと言い聞かせながら、
淡々と解ける問題から解く。


10:20〜10:50
会社法→刑法→憲法
できる問題から淡々と。

会社法も、譲渡制限株式の取得の承認請求や、
取締役の忠実義務に関する推論問題等、
嫌な問題が見当たる。

刑法は、予想通り共犯・詐欺罪からの出題。

憲法は容易。


10:50〜11:30
2周目も飛ばした問題、
二択まで絞った問題の再検討

その後、
全体の見直しをしようとするが、
思ったより時間がない

見直しは民法の途中までしかできないまま、午前の部終了。


昼休み
午前は終わった!もう振り返らない!
勝負は午後!勝負は午後!
午後午後午後午後勝負は午後!と、
何度も何度も実際につぶやきながら外へ

午後への気持ちの切り替えを模試で練習した通りにする。

択一実戦での高城先生の教え通り、
午前は基準点ピッタリの得点であると思うことにする。

急いでサンドイッチを食べ、
一服つけ、間違いノートの最終チェック。

試験説明直前にリポビタンDを飲み、
もう一服し、再び教室へ


12:40
試験説明開始。再び、山村先生のメッセージを読む

「合格への執念」。

これが正真正銘、泣いても笑っても最後の勝負

「もうこれで 終わってもいい だから ありったけを」などと念じ、
手を合わせ、祈り、再び深海へ沈むイメージ

問題冊子の注意事項を読む。

別紙は、不登法が別紙8まで、商登法が別紙9までか。

極端に多いわけではなさそうだ。記述式の答案用紙を見る。

不登法は、枠が多め。

商登法は、二回申請で瑕疵事由の欄がないことに気付く。

ひょっとして、組織再編系だろうか、だとすれば守りの答案を、
と考えつつ試験開始を待つ。


12:59
おかしい。
まだ試験説明が終わらない。

先走って受験番号等を書き込んでいた受験生が注意される。

これでは、試験開始に間に合わない…。


12:59:45秒あたり
ようやく、記入の指示。
少し焦りながら、名前と受験番号を書き込む。


13:00
まだ、試験開始の合図はない


午後の部
13:01
まだ受験番号等のマークをし終えていなかったが、
突如試験開始の合図
(試験開始が遅れる旨のアナウンスは一切なし)。

教室の右後ろあたりから、
「ええっ…」と不満そうな声が聞こえる

時間のない午後の部でこんな嫌なトラブルが起きるとは。

早く、早く問題に取り掛からねばと、
焦る気持ちを落ち着かせつつ、記入を終わらせ、
一度だけ深呼吸をし、問題冊子をめくる。

まずは記述式の問題をざっと確認する。

不登法は、事実関係・別紙の折衷型か。

事実関係がいつもより長く分量は多いが、
形式はオーソドックスだな。

登記記録…はいはい、根抵当権ね。

そして差押え。

あの論点かな、と連想。…と、
「信託」の文字が目に入る。

「?!」信託?信託が記述で出ただと?

しかも、抵当権信託?
…ここが主要論点になりませんように、
と願いつつ別紙をめくる

「賃借権設定契約公正証書」。……。

なんだこれ…。なんなんだよこれ…

そして商登法。「組織変更計画書」。

えっ、組織変更かよ…

6月中旬に答案構成の問題で組織変更も解いたけど…。

いや!組織変更なんか
キチッと準備してきている受験生なんか多くないはずだ!

直前に解いてざっと記載方法が残っている分、
こっちに分があるはずだし、守りの答案は作れるはずだ!

ふざけんな絶対受かる、受かってやる!

とりあえず択一だ、択一!

新形式に焦らない!びっくりしたら皆同じ!
と何度か言い聞かせ、択一の問題に取り掛かる。


13:04頃〜13:20頃
不登法択一
合筆だの、有効証明だの、
工場抵当だのと嫌な感じの問題が続く。

しかも、この個数問題の多さ!

今年は例年になく個数問題祭りだな、
こりゃ基準点下がるな、と思いながら解き進める


13:20頃〜13:40頃
民訴・保全・執行・書士・供託→商登法択一

民訴の全体的な易化に一安心する
(なお、送達の問題は対策していなかったため、
リーガルマインドという名のカンで解く)。

商登法は、法人法の出題がない。

肩すかしをくらったような気持ちになる

司法書士法は、あまり対策に時間をかけられなかったが、
簡単な問題でよかった。

供託法も、6月初旬に丸一日かけて供託法集中攻略日を設けてよかった、
と思いつつ1周目を終える。


13:40〜14:00
飛ばした問題・二択まで絞った問題の再検討

第22問は、時間もなく、問題設定も複雑で、しかも個数問題ときた。

解かない決断をするも、5分の1の可能性にかけて「2」をマーク


記述式編へつづく


許壮栄

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「2014年度司法書士試験実況中継(択一式編)」:許壮栄さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる