Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「自己分析の重要性、勉強のハードルを上げすぎない」:鈴木一俊さん

<<   作成日時 : 2014/12/03 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは

平成26年度合格の鈴木一俊です

今回は
「3、自己分析の重要性、勉強のハードルを上げすぎない」
といった内容について書いていきたいと思います

記事を書いていて、
当たり前のことしか言っていないような気がして
こういった内容で大丈夫かなと少し思いました

ただ、当たり前のことを当たり前にすることが
合格につながると思います

素直な方が受かりやすいと聞くことがあります

ただひたすら先生に言われたことをしっかりやる、
何か特別なことをやる必要はなく、
ただ言われたことに関してはほかの誰よりも徹底的にやる、
そういった姿勢が大事になるのではないかと思います

では「自己分析の重要性について」

ここで私が参考にしていた記事を
挙げさせていただきたいと思います

『合格への自信を作る』:下西亜紀さん
http://next-stage.at.webry.info/201111/article_11.html

これは西村誠司さんの自己分析の記事を
下西亜紀さんがまとめられたもので、
この記事を参考に私は毎年自己分析をしていました

西村さんの自己分析の記事を読みますと、
自分の自己分析が甘かったと認識させられます。

本試験では模擬試験ではしないようなミスも起きます、
また緊張感も半端ないです。変なひらめきも起きますし、
択一を解くときも、
予想以上に慎重になり時間がかかったりします

来年の合格に向けて
一番の自己分析の材料となるのは今年の本試験です。

なぜ模擬試験ではうまくできたのに
本試験ではうまくいかなかったのか、
本試験のあの緊張感の中でも
どうしたらミスを減らせるかと考えることも大事です

次に「勉強のハードルを上げすぎない」

受験回数を重ねていくと、
「合格するには知識をもっと増やさないといけない」
といったように私自身勝手に
合格のハードルを高く設定することがありました。

知識を増やすことにより
不安を解消しようと思ったのだと思います

ただ知識をたくさん知っている方が順番に受かるのならば、
受験回数が多い方が受かっていくと思いますが、
今年は多くの一発合格者が出ています。

知識量で言えば受験回数が多い方のほうがありますが、
試験は知識量だけで決まるのではなく
自分の知っている知識を完璧にし、
いかに使いこなせるのかといったことの方が
大事になると思います

ですので勉強のハードルをあまり上げすぎず
基本的な知識を100%にし、
それから余裕があれば
少しずつ広げてほしいと思います。

最後に
この試験は本当につらく苦しい試験だと思います

私自身今年4回目の受験で合格できましたが、
それまでなかなか結果が出ず、
大学生の時から勉強を始めたのですが
在学中には合格できず

周りはみな社会で働いてる中で
自分だけが取り残された感じになりました

勉強する時間は十分に取れているのに結果が出ない、
自分向いてないのかなぁと何度も思いました。

ただ法律に携わる仕事がやりたいと思い、
合格するまでは絶対にあきらめないと強く思っていました

最後にはメンタルの部分もかなり大事になります、
司法書士を目指すきっかけになったことを
常に持ち続け最後まであきらめずに、
皆さまが合格できることを
心からお祈りさせていただきたいと思います

最後までお読みいただきありがとうございました


鈴木一俊

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「自己分析の重要性、勉強のハードルを上げすぎない」:鈴木一俊さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる