Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「認定考査に向けた取り組みと、同期の重要性を感じたお話」:水上和巳さん

<<   作成日時 : 2015/01/12 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

はじめまして、私は平成26年度合格の水上和巳と申します

上から読んでも下から読んでもみずかみかずみです。

24歳男、趣味は将棋です

この度、同期合格の山口岳彦さんから紹介を頂いて、
投稿させていただくことになりました

合格した後の話ばかりになってしまいますが、
自分も受験時代合格後の話を聞くのが好きだったので、
ここで話したいと思います

10月に合格発表があり、祝賀会や、
青年会の集まり(青年会とは若手司法書士の任意の自助団体です。)
合格証書授与式、研修、研修後の飲み会と、
2014年は何かと人との出会いについて事欠かず、
とても楽しんでいます

私が伝えたい事は、
同期との出会いがとても大事であるかということです

先輩の先生方が口を揃えておっしゃる事、
「一生勉強!」これは当然です

それよりもよく聞くのが、
「同期は大事にしなさい」という教訓

先生方は、仕事をする上での分からないことを
聞けるからという理由でそのようにおっしゃいますが、
私は、まだ仕事を始めていないこの身分で、
既に同期の重要性を強く感じております。

その理由を話すには認定考査の話をしなければなりません

司法書士試験は7月に行われ、
発表があり、年を跨いで研修があり、
その後6月に認定考査が行われます。

簡裁代理権を獲得するための試験です。

その試験の合格率(認定率)は、
全体で6割、新人に限ると7割と聞いています

司法書士試験に受かりたてほやほやの新人でも3割は落ちて、
来年もう一度受験。

一度、落ちれば、仕事が忙しくまた落ちるという
悪循環に陥ってしまうという話もよく耳にします
 
ここからは、全国の同期合格者に対して
この場を借りて伝えたい事なのですが、
私は、自分が合格するかも分からない
認定考査の受験生という立場でありますが、
この認定率をどうにかして上げたいと思っているのです

そこで、どうすればいいか考えているところですが、
大阪の同期と相談して出たとりあえずの結論が、

@情報の共有
A勉強会の開催
というものでした

全国800人いる同期合格者とつながって、
情報を共有して、勉強会を各地で開く。

一人では絶対にできません。

だから同期の協力が必要なのです

私が同期の大切さを既に感じられた理由はここにあります。

まだ、少しずつしか取り組んでいない活動ですが、
協力を申し出てくださる方が何人もいます。

大変うれしく、頼もしくあります

この考えに賛同してくださる募り、
情報共有と勉強会開催に役立てばいいと思い
ホームページも作りました

http://ninteiritukoujo-iinkai.jimdo.com/ 

共感してくださる同期合格の方は、連絡ください!
宣伝になってしまいすみません

話はずんと変わりまして、
研修の後といえば、飲み会であります。

一日座学に励んだ後、同期達と、
くだらない話や、認定考査の話、将来についてのまじめな話を、
お酒を飲みながらする

とても楽しい時間です。

私は、積極的に幹事をやる事にしています

その日毎に規模が違い、
20人程度の飲み会なら、なんてことはないですが、
50人、最大で200人超の飲み会の幹事もやりました。

予約から、案内状を刷って、告知して、店と交渉して、
道案内、集金して、飲み物を運ぶ手伝い
(200人ともなると店員さんに任せるより手伝った方が早いです笑)
忘れ物の管理など全部一人でやる。

そんなわけありません。

当然何人かで協力しあうわけです

でも、自分が幹事をやります!
といっても信頼関係も何もなければ
きっと誰も協力してくれなかった事でしょうし、
幹事の不手際を笑って許してくれることも
なかったんだろうなと強く感じました。

同期との信頼関係の大切さは、
研修中のこんなところでも感じられるわけです。

拙い文章でしたが、ここまでお付き合い有難うございました


水上和巳

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「認定考査に向けた取り組みと、同期の重要性を感じたお話」:水上和巳さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる