Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「必要なときに必要な知識を(失敗編)」:加藤裕さん

<<   作成日時 : 2015/01/26 00:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

合格に必要な知識は、
膨大で、どんどん忘れていきます

その中で、いかにムダなく、
必要なときに必要な知識に触れることができるかが
合否の分かれ目かと思います

そこで、私が最終的に
最も効率がいいと感じた方法をご紹介します


まず、テキストの通読はしない

理由は、途中で挫折するからです。。

そして、1日30ページずつ!
とか決めてやっても、数日後には、

「30ページ通読する時間があれば最も有効な学習ができる。
通読している場合じゃない。
他にやることがあるはずだ。」と気づくからです

テキストの通読は時間があればひとつの手ですが、
私には向きませんでした。

(私にはテキスト通読+自作のまとめノート作りという取り組みをして、
とても後悔した過去があります。
時間がかかりまとめノートは後から見たら
勘違いばかりというお粗末なものでした。)


では、テキストにどのように触れていくのか。

私は過去問を解くたびにテキストに戻ることで
テキストを確認していきました

いわば王道ではありますが、
理解と効率を考えると優れた方法だと思います

過去問とテキストの往復をしていくうちに、
よく見るページと見ないページがあることに気づきます

つまりテキスト内でも重要度に濃淡があるのです

大まかな重要度は
ランクとして先生方が教えてくださいますが
より効率を上げるにはリアルな濃淡を知る必要があります。


また過去問にもいろいろなレベルの肢があります。

読む必要のない肢
(難しすぎる知識、出題可能性がほぼゼロの知識、
もう理解している知識です)

念のため解くが解説は読まなくても理解できている肢

解いて解説まで確認するがテキストには戻らなくていい肢

解いて解説に加えテキストまでしっかり取り組む肢

はじめはどの問題もテキストに戻らないと解らなく
1問解く時間もかなりかかりますが、
徐々に過去問の解説だけで良くなったり、
解かなくても良くなったりしてきます

私は過去問の解説に図を書いたり加工したりして
テキストに戻る時間を短縮したりしました


過去問からテキストに戻る際は、横着をせず、
関連ページや類似する内容などにも触れ、
知識のネットワークを密にしました

もちろん、次回から時短できるように
リンクするページはメモしておきました

忘れていた表などは
テキストに戻ったときがチャンスと思い
繰り返し暗記しました

画像


画像



つづく

加藤裕

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「必要なときに必要な知識を(失敗編)」:加藤裕さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる