Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「疲れているときでも、記述まで書けるテクニック」:新宮信之さん

<<   作成日時 : 2015/02/27 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

Next-Stageの記事を
ご覧頂いている皆さんの中には、
仕事やアルバイトが終わってから、
あるいは家事を終えてから勉強をするという方も
大勢いらっしゃると思います

これが辛いんだ

択一だけでなく、
記述も毎日1問は解くように言われているから、
やらなきゃいけない

これが辛いんだ

なんだか択一の勉強すらやる気が無くなってくる。

どうすればいいんだよ

そこで、ふとあることを思い出しました

皆さんにも似たような経験があると思います

庶民の夢である
宝くじの換金をしようと思っていましたが、
なかなか面倒臭く、換金できずにいました

大した金額ではありませんし。

でも、ふと休日に
「換金しよう」と思い立ち、換金してきました。

その足で、買いたかった本屋へ行き、
帰りには、行きたいと思っていたけど、
なかなか行けなかったカレー屋さんで食事

一旦家に帰り、歯を磨きながら、
シュレッダーも買わなきゃと思い、
ビックカメラへ行く

家に帰り、書類をシュレッダーしているうちに、
大掃除まではじめてしまい、
結局、しようと思っていたけどしていなかった事が
いっぺんに片付いてしまった

そんな経験あると思います

ここから学べることがあります

小さなアクションは
大きなアクションに結びつくということです

宝くじを換金するという小さなアクションは、
別に大したことではありません

しかし、いきなり大掃除をしようとすると、
掃除好きな人で無い限り、二の足を踏んでしまいます

でも、宝くじの換金、本を買う、
カレーを食べる、シュレッダーを買うといった
小さなアクションを積み重ねていくうちに、
難なく大掃除することができるようになるというわけです

言いたいことは、
アクションはさらなるアクションを呼ぶ
ということです

私はこれを勉強に応用しました

仕事後、家の近くの自習室に行くまでの電車の中で、
間違いノートや覚えておきと便利な表を眺めていました

これって、大したことじゃないですよね

問題を解くわけではなく、
単に眺めているだけですから

でもこの小さなアクションが
家に帰りたいという自分を
自習室に導いてくれるのです

自習室に行くというアクションを呼び込んでくれます

さらに、自習室行ったからといって、
いきなり記述を解く気にはなれませんよね

眠いし

ここでも、小さなアクションからはじめます

簡単な民訴からはじめて、
リズムに乗せてもいいですし、
自分が得意とする択一科目からはじめても構いません

リズムに乗ってきたら、
本格的に他の科目の勉強もはじめます

ここまでできたら、
「アクションはさらにアクションを呼ぶ」
流れができたことになりますから、
そのまま自習室でも、家に帰ってからでも、
記述を解くことができるようになるわけです

きっかけは、電車の中で
間違いノートを眺めるという本当に小さなアクションが、
1問1時間弱かかる記述の問題を解くという
大きなアクションに変わっていくのです

心理学的にいうと「条件付け」ですね

これはあくまで私の経験上、良かったのですが、
皆さんも勉強したくないな、
あまり気分がのってないなと思っていたけど、
なんだか気が付いたらしっかり勉強できていた

そんな経験をしているはずです

そこで、必ずやって頂きたいのが、
その日の行動や感情の動きを書き留めておくことです

よっぽど大きな出来事があったということでない限り、
その日のパターンを再現できる可能性が高いです

自分のどういう行動がプラスに働いたのか、
どういう感情がプラスに働いたのかを
しっかり把握することです

勉強したくないな、
ひょっとするとスランプかも、
と思ったときに
書き留めたことを再現してみてください

きっと、自分の成功パターンが分かってくるはずです

アクションはさらなるアクションを呼ぶ

覚えていても損はしない考え方だと思いますよ



新宮信之

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「疲れているときでも、記述まで書けるテクニック」:新宮信之さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる