Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「2年目の自分」:岩本琢久造さん

<<   作成日時 : 2015/04/20 00:16   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

みなさん、こんにちは

平成25年度合格者の岩本と申します。

受験生の方は先日がTACの
全国模試第1回だったのではないでしょうか

ここからの3ヶ月の頑張りで劇的に伸びるので
苦しいとは思いますが頑張ってください

今回は、2年目の自分がどのような業務をして、
現在をどのように感じているのかを書きたいと思います。

拙い文章ですが最後までつきあっていただけると幸いです

私は、現在神戸の事務所に勤めています。

不動産取引の業務がほとんどで、
残りは商業関係とイレギュラー案件っていう感じです。

イレギュラー案件に関しては、
電話をとった者が原則最後まで処理するといった感じで、
忙しい時期に依頼が来ると正直かなりしんどくなります

今進めているのは、
市街化調整区域に家を建てたいけど
今のままやと建てられないから
なんとかしてほしいと漠然といわれ、
とりあえず開発審査会の決定などをホームページで見たりして、
担当者に電話で何をしなければいけないかを聞いたりして、
なんとか手探りで進めているといった状況です

不動産登記であれば少しは慣れてはきましたが、
このような案件は知らない状態から
スタートするので正直しんどいですが、
全てが自分の経験になっており
自分が独立したときに全て自分に返ってくるのだな
と思いながらやっています

また、自分が当たり前と思っていることでも
思わぬところでつまづくこともあります。

先日のことなのですが、
現在、夫婦間で建物を共有しているところ、
さらに旦那さんから奥さんに
売買を原因とした一部移転登記を行うという内容で、
当然軽減がきくと思い
市役所に住宅用家屋証明を請求し、
家屋証明を取得しました

一応念のためということで法務局に確認したところ、
「それって軽減きくの?
申請してくれてもいいけど、
疑義になることは確実やし、
最悪の場合軽減きかないことも覚悟してね。」
と言われました

すぐに市役所の人にも確認をとったら、
担当者の方は当然軽減ききますよ、とのこと。

その旨を再び登記官に伝えると、
「家屋証明は市役所が勝手に出しただけで
軽減がきくこととは別物や。」
と半切れで言われましたw

まさか自分が当たり前と思っていることが
こんなことになるとは思いもよりませんでした

これからもこんなことは
日常に起きるんだろうなと思っています。

ざっと、最近の自分の日常を書いてみました。

毎日手探りって感じです

ただ、少しづつですが
司法書士としての責任というか
自覚が芽生えてきた気がしています。

これからもさらなる成長を目指して
頑張っていきたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました


司法書士 岩本琢久造

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「2年目の自分」:岩本琢久造さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる