Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「あれも言い訳だった!(後編)」:山口岳彦さん

<<   作成日時 : 2015/04/02 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

今から思えば、
先生のご指摘はやはり正解です

水が高いところから低いところへ流れるように、
人間もまた苦しい方から楽な方へ自然に流れるようにできている、
まさにそれを体験していたことに、
私本人は気が付いていませんでした

司法書士試験の試験範囲の広さを知り
圧倒されてしまう人は多いです

この壁にぶち当たった時、
引き返すか、前に進むかを人は選択します

私は引き返したわけではありませんが、
思いっきり前進するでもない、
中途半端な時間をずいぶん長く過ごしていました

6年間の受験生活の大半は実はそんなものです。

最後の年だけ闘志が燃えていました


壁を越えていく力は何なのか、
結局のところ何のためにこの道を志したのか、
合格にどれだけこだわっているのか、
その思いの強さ
、つまり、
「合格への執念」だと思います

少々面倒なことで投げ出してしまう程度でしかないのか、
それとも、 「越えることが可能なふさわしい試練」を
乗り越えるだけの目的意識・精神力を
備えているか
が試されていました

これが欠けていた時期は、
職場の皆様に対する罪悪感を
壁から逃げる言い訳にして納得しようとしていたのでした

仕事から逃げてこの勉強を始め、
今度は勉強から仕事へ逃げようとしたのです

ほんの数年前までそんな情けない私でしたが、
事務所のホームページができました
http://wf-legal.info/ )。

プロフィールのところで、
何のためにこの道を志したのか世界に対して宣言しています

http://www.geocities.jp/wf_legal/concept.html

そして、そんな魂を持った私が
依頼者のために全力で取り組む業務も、
世界に向けて公表しました

http://www.geocities.jp/wf_legal/itemlist.html

これを公開したことの意味は、
私のところへ相談に来て下さった方の悩みを解決するために
この中のどれかが役に立つならば、
私は全力で取り組ませていただきます、という誓約です。

私のサイトの業務一覧には
試験範囲外の業務もありますが、
試験範囲をまずはしっかり押さえることで
応用的に実務の知識は増やしていけます

直前期に耐え本試験を勝ち残って得た
基礎知識と精神力が肥やしとなって、
ようやく花を咲かせられそうなところまで来ました

苦しく楽しい司法書士生活の始まりです

このスタート地点にたどり着く不可欠の前提が、
ちょうど1年前に「絶対に受かってやる」
と決めて挑んだ直前期でした。

受験生の皆様は今まさにその時ですね

ずば抜けなくてもいいです。

私のようにギリギリで合格しても、
神奈川同期のKさんのように
全国トップクラスで合格しても、同じです

今年の苦しい時期を乗り切り合格すると
1年後にはどこまでいけるのか、
1つのゴール像をイメージする素材として、
事務所のホームページをご紹介しました


山口岳彦

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
さすがは山口先生、ホームページの出来が上々ですね♪

山口先生の覚悟といいますか、使命感に満ちています。

人、社会に対して、とても暖かい眼差しを向けていらっしゃることが、存分に伝わってきますね。

同業である僕も、すっかり心を奪われてしまいました。

司法書士業務の素晴らしさ、奥の深さを改めて感じました。

本当に、ありがとうございます。
ほっしー
2015/04/02 00:42
ぐっちーさん、早速ホームページ拝見しました!。意気込みのほどは、その文章ばかりでなく、お写真の大きさからも感じられました!。
 私も所先生からのホットラインでいただいたメールは今も大切にしています。合格したら私もお会いしに行きたいと思っています。
 今日、東京法務局に行って願書をもらって来ました。いよいよです。引き続き頑張ります!。
かわせみ
2015/04/02 23:10
ありがとうございます。

神奈川で12月にあった配属研修で配属先の先生に問題提起をされました。

登記は勉強すれば技術的には誰だってできそうだけども、どうして登記の専門家としての司法書士が必要なのか?

この問いの答えは私にはまだ見つかっていません。
しかし、この問いに明確な回答ができないということは、専門家たる自分の存在意義がわかっていない、ということに通じてしまうようにも思います。

司法書士の存在意義は何か?この問いの答えは、仕事をする中で徐々に明確になっていくのではないかと思います。

というわけで、作りかけのサイトで失礼しました。
ほっしーさん
2015/04/03 20:16
かわせみ 様

ありがとうございます。
私たちも特別研修の終了証書と一緒に認定考査の受験申込書が送られてきて、出願期間に入りました。
お互い、Next Stepに向けて頑張りましょう!

ちなみに、リンク集ページ
http://www.geocities.jp/wf_legal/custom.html
も作り、神奈川会の県内司法書士検索に飛べるようにしました。
http://www.shiho.or.jp/search/intro_detail_indi.html?id=2015
(電話番号、写真、取扱い業務など詳細の掲載は、神奈川の場合は希望者のみです)

東京会のこのような検索結果に、かわせみさんも出てきていただきたいと願っています。
山口岳彦
2015/04/03 20:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
「あれも言い訳だった!(後編)」:山口岳彦さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる