Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「同期合格仲間との勉強会」:山口岳彦さん

<<   作成日時 : 2015/04/07 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

1.同期会の紹介
平成26年の司法書士試験合格者のうち、
神奈川に縁のある人の同期会ができました

神奈川会場の合格者の他、
他県合格でも地元が神奈川の人、
将来神奈川に来る予定の人など、
神奈川に縁のある同期の集まりです。

この記事をお読みの同期合格者の方の中で、
遠方に住んではいるものの神奈川と何らかのつながりがある方、
どうかいつでも私たち同期会にご連絡ください

メーリングリストとLINEのグループにご招待いたします。


2.これまでの勉強会
この同期会の一部で、
2月の特別研修の時期より、
主に認定考査対策をテーマとする勉強会を開催してきました
(東京から参加してくれた方もいます)。

認定考査は70点満点のうち
40点以上を合格とするのが例年の合格基準です

これだけを見ると甘そうな気もします。

しかし、過去問を見ると、
いかに司法書士試験合格者といえども、
これを2時間で解ききって40点以上を確実に取るには
それなりの準備が不可欠であると思います

原告と被告それぞれの言い分が書いてあり、
何が真実かはわかりません。

両者の主張を整理し、
原告の主張、被告の反論、原告の再反論
という具合に訴訟の骨格を整理した上で
問題に答えていくのが第一問の基本です。

このほか、認定司法書士の業務範囲の問題、
民事訴訟手続の基本的知識を論述させる問題、
司法書士法と司法書士倫理の理解を問う論述問題が付いてくる、
というのが例年の相場です

原告と被告それぞれの言い分は長文です。

頭の中だけで処理しようとすると
運に左右される要素が大きくなり危険です

訴訟物、請求原因事実までは外さないかもしれませんが、
被告の認否・抗弁、原告の認否・再抗弁のあたりまでくると、
事案によっては混乱して
一気に何もわからなくなる危険性があります。

考査は一年に一度しかありませんが
認定の有無で司法書士の業務範囲がかなり違うことを思えば、
何としても一回で合格したいものです。

そこで、記述式答案構成のノウハウを
民事訴訟に応用する形で
1枚の紙の上で情報を整理する方法を考え、
神奈川の同期仲間に提案してみました

一本の数直線にすべての事実を強引に突っ込まない
というのが基本です。

登場人物ごとに認識している事実が異なるので、
原告と被告それぞれ別々の時系列線を平行に引き
(中間に入った第三者がいる場合はその人の時系列も作るとよいです)、
原告の主張する事実、被告の主張する事実を
それぞれの時系列線に分けて書いていきます。

同一事実に関する二人の認識を線で結び、
争いがなければ〇、
争いがあれば×、
外形的合意はあるものの認識していた趣旨が異なるときは△、
のように書いてみます

画像


すると、「認める」事実、「不知」の事実、
「争う」事実、認めるが「抗弁」ありなど、
訴訟の構造・争点が見えやすくなります

ブロックダイアグラム(BD)を利用するのもいいのですが、
大量の文章を読んだだけで
BDを作れるだけの実力は今の私にはないため、
BD作成の前段階として、
「人間ごとの時系列線整理術」を考えたのでした。

これが高い段差を登りやすくする脚立になりました。

この方法は神奈川の仲間にも好評で、
皆様の解き方を見ると、この方法を参考にし、
より使いやすいノウハウを工夫していらっしゃるようでした。

例えば、T中さんは長い定規を使い、
対立構造がとっても見やすい整理をされていました。

О石さんは原告の認識する時系列線だけを引き、
これに対する被告の認否・抗弁を
外から矢印で加筆するシンプルな形式を発明されました。

問題に対するアプローチの仕方につき
様々な意見を出し合う時間も有意義です。

さすがみんな昨年の本試験を合格し、
特別研修を受けている人たちだと感心しています。

M野さんやK山さんのさりげない一言が
事案解明のヒントになることもあります。

現時点で合格レベルに達している人は、
私も含め、あまりいないと思います。

実務に就き皆様ご多忙の中での試験対策ですが、
この勉強会の数時間で得られる学習効果は、
同じ時間だけ独学でやるよりはるかに大きい

とK田さんがおっしゃいました

K田さんはこの勉強会がきっかけで仲良くなれたよき友人です


3.これからの勉強会
認定考査まで4回、各回3時間です。

内容は実務で見聞きしたことの情報交換と
認定考査の過去問1回分を予定しています。

他の都道府県の方の参加も大歓迎です。

受験指導校の講座を取った方が
効率のいい勉強かもしれませんが、
プロ同士でワイワイ議論するのも楽しいです

4月12日(日)17:00-20:00
4月26日(日)17:00-20:00
5月10日(日)17:00-20:00
5月24日(日)17:00-20:00

場所:かながわ労働プラザ
最寄駅:石川町(JR根岸線)

※人数が多い場合は場所を神奈川司法書士会館
に変更することもあります
(最寄駅は同じです)。

つきましては人数把握のため
事前申し込みをお願い申し上げます。

参加ご希望の方は
yamaguchi@wf-legal.info

までご連絡ください

勉強会についてのご質問もお受けします。

その際、
・お名前
・当日の連絡先
・参加をご希望の回
・やりたいテーマ(ありましたら遠慮なくご提案ください)
をお知らせください。

各回で扱う過去問はこれから有志で決めます。

なお、ベテラン塾講師のK田さんが
司法書士倫理の出題ポイントをまとめたレジュメを作成し、
どこかの回で解説してくださいます。

こちらもお楽しみください


山口岳彦

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「同期合格仲間との勉強会」:山口岳彦さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる