Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スケジュール帳にスケジュールをあえて書かない時期」:阿部舜さん

<<   作成日時 : 2015/09/19 00:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

私達は認定考査の発表が終わり
みなさんはいよいよ筆記試験の合格発表ですね

ボーダーにいる方はドキドキだと思います

私もこの時期は
ちょっとの期待と厳しいかもしれない
という圧倒的不安に挟まれ
何ともいえない時間でした

その一方でもう既に勉強を
スタートされた方がいらっしゃると思います。

それだけで合格可能性は
グッと高まっていると私は思います

スタートを切ってまず前年度の反省し
それを基に何をやるか予定を組まれると思います

ところで、みなさんは
「2016年の試験まで民法の過去問を
後何周することができるでしょうか?」

この問に答えることができるでしょうか?

去年のこの時期の自分は答えることができませんでした

答えられない方が多いのではないでしょうか。

例えば家から1時間かかる13時に
友達と渋谷で待ち合わせをしているとして
家をでるのは最低でも12時のスケジュールになるはずです

なぜかといえば家から1時間かかるからです。

民法を後何周できるか答えられないということは
すなわち家から渋谷まで
何時間かかるか分からないといことです。

そして、その状態で
家を出るスケジュールを立てるということは
遅刻して友達に怒られるか
着くのが早すぎて待つという無駄な時間が発生する
(その時間があれば、
家で「ひるおび!」みれたじゃん!ってなります)

何が言いたいかというと
スケジュールを組む前に
まずそれを処理する時間を把握しようということです

勉強のためのスケジュール帳を買うと
予定をまず書きたくなりますが
まず何も書かず真っ白な状態にして
最初は日記のように
その日やった成果
(やった問題数、分野、処理時間等)を書き
そして、処理時間を把握したら
その処理時間を基に
スケジュールを組んでみてはどうでしょうか

そうすると集中しなければギリギリでクリアできない
適切な目標を設定することができ
また漠然と解くよりも
残り触れることができる回数を知ることで、
ココで覚えないと後がないと
1問1問に真剣に向き合うことができるので
質も上がっていくと思います

そしてそのスケジュールに対してまた成果を書き
2回目にやった時の処理時間が1回目より短ければ
次は2回目を基に3回目のスケジュールをたてていくと
これぐらいやりたいとか
これぐらいやれるだろうとか
そういう希望的観測で作られ達成できずに
自信を失っていくスケジュールよりは
集中→達成感→脳が喜ぶ→集中
という循環ができ
はるかに良い結果が生まれると私は考えます

1月を最高のスケジュールで迎えるために
ぜひ参考にしてみて下さい


平成26年度合格 阿部舜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「スケジュール帳にスケジュールをあえて書かない時期」:阿部舜さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる