Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「新人の次のステップ:本職が受ける研修の企画に携わる」:山口岳彦さん

<<   作成日時 : 2015/12/17 00:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

みなさんこんにちは
神奈川青年司法書士協議会の山口岳彦です。

すでに西日本は夢の中央新人研修がスタートし、
東日本もいよいよ夢の筑波ですね

私もあの頃に戻りたいです

さて、最近は依頼が
コンスタントに来るように徐々になってきました

この傾向が来月以降も続けば、
もっといい場所に事務所を構えることもできそうです

神奈川青司協の先輩から、
ある物件をシェアして合同事務所をやらないかと
嬉しいお誘いいただいていることもあり、
横浜地方法務局の本局付近に
進出したくてたまらない今日この頃です

焦らず、自分を過大評価も過小評価もしないよう努め、
事務所移転を慎重に検討しています

まだまだ始まったばかりではありますが、
ここまで来ることができたのは、
受験時代から合格後を考え、
新人研修時代から新人の次のステップを考え、
開業初期の頃から、
軌道に乗った後の執務環境・取引先を想定するなど、
常にNext-Stageを意識した行動をとっていたからだと思います

具体的には、新人研修の時期から、
全国青年司法書士協議会(全青司)や
神奈川青年司法書士協議会(神奈川青司協)の
先輩たちの中に身を置いていたことが、
結果的に「新人」の次、その次、
更にその次のステップを意識した
行動につながっているように思います

今年合格された皆様が受けている「新人研修」は、
それはそれでとても大切な研修であることは言うまでもありません。

受験生・合格者から司法書士へと
一段上がるための大切なステップとして、
「新人研修」があります。

新人研修や特別研修で
司法書士の勉強が終わるわけでは、当然ありません

司法書士は日々研鑚を重ね続けるべきだと思います

日司連、各単位会、全青司、単位青司協、
その他有志の団体では頻繁に様々な研修があり、
若手からベテランまで、同じ部屋で一緒に勉強しています

私が個人的におすすめしたいのは、
今年合格したばかりの皆様であっても遠慮せず、
研修の企画段階から携わり、
研修当日もスタッフとして
運営にあたりつつ講師の話を聞くことです

全青司や青司協の研修であれば、
皆様でも今すぐ企画・運営に参加できます。

企画段階から携わると、確かに、
実務経験が少なければコンテンツでは
あまり貢献できないかもしれません。

しかし、一緒に企画・運営に携わることで学ぶことは多く、
その後の事務所経営にも大いに役立つことがあります

研修の企画・運営に携わると、
先輩司法書士が対応した事件処理のプロセスを、
その業務をやったことがない司法書士向けに、
わかりやすく伝える段取りを一緒に考えることになります

すると、一般の受講者よりも、深く事案を理解し、
事件対応のプロセスをじっくりたどる
ことになるのです

私はこれまで何回か、
神奈川青司協が主催する研修に携わりました。

講師が送ってきたレジュメを受講者より先に見たり、
先輩司法書士が発表する事例の
パワーポイントを作ったりするなかで学んだことは、
今の自分の仕事にも活きています

また、神奈川青司協の打ち合わせ後の懇親会は
業務の情報交換会的な意味合いもあり、
ここでかなりの実務ノウハウや
専門職としての考え方を教わり、役立っています。

先輩司法書士と一緒に活動することで
お近づきになれたことも大きいです

青司協活動のみならず
通常業務でも色々相談できるのです。

繰り返しになりますが、
今年合格したばかりの皆様も、
全青司や青司協の研修の企画・運営に、
今すぐ参加できます。

「飛躍する司法書士」になるためにも、
ぜひとも参加されることをおすすめします。


「企画・準備まではちょっと…」という方も、
受講資格がある研修はできるだけ受けておくと、
後々プラスになるでしょう

全青司・青司協で大規模な
研修会等の準備で動いているのは、
私が把握している範囲では
以下の5県があります(他にもあるかもしれません)。

奈良(来年2月の全国大会)
神奈川(来年8月の全国研修会)
千葉(来年の関東ブロック研修会)
茨城(再来年の全国大会)
広島(再来年の全国研修会)

また、研修会の他にも様々な活動に
取り組んでいる青年会メンバーが全国にいます

興味がある方は、
最寄りの青年会メンバーに問い合わせてみましょう

ちなみに、神奈川では、
全国研修実行委員会・渉外部会議が
以下の日程であります

日時:今月25日(金)19:00〜
場所:神奈川司法書士会館
(JR根岸線・石川町駅から徒歩1分)

この会議とその後の懇親会では、
子どもたちがサンタクロースからもらった
プレゼントを上回る価値がある情報を、
先輩司法書士からもらえると思います


ご興味のある方はぜひともお越しください


山口岳彦

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
貴重なお話有り難うございます。私は、まだ受験生で実務は未経験です。
ただ、司法書士業界は、他の士業よりも各種研修が充実している、司法書士間の勉強会が盛んだという話は伝え聞いています。
あと、司法書士試験の特徴。これもあるのではないでしょうか?つまり、試験内容じたいが実務的ということです。
もちろん試験と実務は違うのでしょうが、他の資格試験ほどは両者間のギャップはない。小さいと。
このあたり、いかがでしょうか?
ゆうた
2015/12/17 01:38
ゆうた様

コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、午後の部でやる科目に限っては、受験知識と特別研修で学ぶことを土台に積み上げていけば実務で対応できる案件も相当あります。受験知識は大切かつ直接的な実務の土台です。過去問一つ解くこと自体が開業(就業)準備行為です。

他士業の実情はわかりませんが、忘年会で行政書士さんから聞いた話では、行政書士を本業として生活できてる人は行政書士登録者の10%くらいだそうです。
司法書士で生活できている人が100%とは言いませんが、少なくとも、私が知ってる神奈川の先輩司法書士で独立してる皆様は、事務所を維持されてます。

社会のニーズに応えられる人材たるための研鑽を積み続け、これまでに培った土台を前提に社会のニーズに応える意識を持っていれば依頼者との接点が生まれ受任につながり、信頼に応えられれば別件の紹介がある、こんな感じで正のスパイラルで成長していけるよう努力しています。

合格後はぜひともそんなことを語り合える仲間として、NS執筆もお願いします!
山口
2015/12/17 18:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
「新人の次のステップ:本職が受ける研修の企画に携わる」:山口岳彦さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる