Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「就職活動」:鶴澤大輔先生

<<   作成日時 : 2016/01/16 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 1 / コメント 0

最新の合格者の皆さんは,
新人研修が終わるタイミングで
事務所への就職を考えてられる方も多いのではないでしょうか

私のところにも数通の履歴書が届きます

そこで,毎年同じようなお話をさせていただいていますが,
合格者の就職活動についてコメントさせていただきます

事務所を探す方法は,
各事務所の求人ページや,ハローワークなどがありますが,
単位会(大阪司法書士会など)に履歴書を置くという方法があります。
(大阪会では,協同組合がこれを担当しています。)

合格者を必要としている先生が,その履歴書を閲覧して
事務所の条件に合う人がいれば,
「面接を受けてみませんか?」
と連絡が入ります

また,私のところに送っていただいているように,
気になる事務所に履歴書を直送する方法もあります。

この場合は,その事務所が求人をしているかは分かりませんが,
いい人材であれば面接の機会がいただけるかもしれません

ところで,
私のところに今まで届いた履歴書を見て
思ったことを紹介します

@字が雑なもの。
字が上手か下手かは全然気になりませんが,
やっつけで2,3分で書かれたような履歴書は読む気もしません
逆に,
字が下手であっても,時間をかけてかかれている履歴書は
かなり印象がいいです。
そういう意味では,私個人の見解としては,
ワープロで作成よりも,自筆の方が印象がいいです
(ホリエモンとは意見が違いますね‥)

当時,事務所は求人をしていませんでしたが,
この機会にこの人採用しようかな‥とりあえず会ってみようかな‥
と検討するくらい印象のいい履歴書もありました

A空欄が多い。。
これも印象が悪いです。
本人の希望欄や得意科目など,
空欄または「特になし」とされている方が多くいました


確かに,この業界の就職に,
得意科目や特技は書く必要がないかもしれません。

けれど,定型履歴書のそういう項目は無視して,
所長に伝えたいことをぎっしり書いている方の履歴書は
印象が良かったです

受験では,問いに答えることが重要でした。
なので,「得意科目」のところに得意科目・特技を書かないのは
ゼロ点のようにも思えますが,
採用する側からすれば,得意科目や特技の欄に
「物理」とか「テニス」とか書かれても
その履歴書を見て,へぇ〜と思うだけです

関連させるのであれば,
「私は学生時代,テニス部で部長をしていました‥
この経験を活かし」的な書き方であれば
印象が良くなる場合もあるでしょうね

書面1通で,面接の機会がもらえるかどうかが決まりますので,
なるべく,希望や思いを書きこんで欲しいところです

採用する側としては,
この書面しか相手を知る情報がありません。

書面1通で印象を悪くされてしまうと
もったいないですね。

そのあたりを意識して書いてみてみてください

次回は,面接について。

これも毎年お話していますが,参考になればということで


鶴澤大輔



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「自分を信じて突き進む!」:鶴澤大輔先生
だいぶ暖かくなってきましたね{%笑いwebry%} ...続きを見る
Next-Stage
2016/04/08 00:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「就職活動」:鶴澤大輔先生  Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる