Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「プライドにかけて・・肝試しとしての本試験」:蛭町 浩先生

<<   作成日時 : 2016/06/27 01:00   >>

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 1

自分の考えを人の目を気にせず、
述べることは簡単ではない。

他の人と異なる考えであったらどうしよう。

レベルの低さを笑われたらどうしよう。

他人から批判されたらどうしよう。

色々な不安が頭をよぎるからである。

しかし、誰が何といおうとも、
他の人と結論が異なろうとも、
レベルの低さに赤面するような内容であろうとも、
断固、自分の考え、
自分の感じたことを述べなくてはならない。

それがこれからなろうとする司法書士の仕事の本質だからである。

そのため、四六時中いつでも自分の考え、
自分の感じたことを述べる「覚悟」を決めておかなければならない。

また、それを実践する「肝を鍛錬」しなければならない。

それが勉強の意味なのだ。

本試験は、形の上では、
法的問題を解決する知識やスキルを問う体裁となっている。

しかし、その本質は、自分の考え、
自分の感じたことを述べる覚悟とそのための勇気を問うものなのだ。

ここに至って、
これまでの勉強の経緯や成果など全く気にする必要などない。

十分に準備ができなかったとしても「それがどうした」なのだ。

徹底して開き直り「煮るなり焼くなり何とでもしてくれ」なのだ。

かっこを付ける必要もなく、自分を卑下する必要もない。

ただ、問題をよく読んで、自分が感じたままを、
一心不乱に、毅然と述べればそれでいいのだ。

結果をおそれれば、何もできないのが「世の中」なのだ。

あらゆる結果は、常に、自分以外の者が決めるのであり、
それを思い煩う必要など露ほどもない。

無心に全力を尽くすのみなのだ。

「一問入魂」あるのみなのだ。

どうか、本試験の当日、顔を上げ、胸を張り、堂々と振る舞って欲しい。

その姿こそ今まで頑張ってきたあなたの「プライド」なのだから。


蛭町 浩

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
あすもよろしくご教授お願いいたします。
受講生
2016/09/24 01:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
「プライドにかけて・・肝試しとしての本試験」:蛭町 浩先生 Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる