Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 『第6回NS全国大会in神戸を終えて』:守屋裕介先生

<<   作成日時 : 2016/06/29 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、NS大阪副支部長の守屋裕介です

6月26日(日)、第6回NS全国大会を、
わが地元の神戸で開催しました

東京、名古屋からも多数ご参加いただき、
前日のUSJ観光、当日の神戸観光も含めて、
この司法書士資格を目指さなければ、
おそらく出会うことがなかった人たちと、
楽しい時間を過ごさせていただきました

懇親会では、伊藤塾の中上級講座で知り合った、
かつての受験仲間にも会いました

受験生時代は、分からないところを質問し合ったり、
過去問知識を確認し合っていた受験仲間が、
合格年度は違うけど、お互い司法書士になり、
実務のよき相談相手として、今もその関係が続いているって、
とても素敵なことだと強く感じました


多くのNS記事で書かれているように、
どの受験生も、苦しみながら、本試験当日を迎えています

食欲が落ち、身体は疲れ切り、頭もスッキリしない

夜、布団に入れば爆睡で、気付けば朝が来ていて、
身体も頭も重いまま、また一日がスタートする。

私の超直前期も、こんな感じでした

もし、NS読者の皆さんが、一日を終えた段階で、
『あれっ、今日は、何を勉強してたんやろ。
過去問を繰り返し解いただけで、何も変わってない。』
と思う瞬間があるかもしれませんが、
この試験においては、現状を維持することが最も大切で、
頭の中に詰め込まれた過去問知識が、抜け落ちないように、
喩えるなら、たくさん抱えた荷物を落とさないように、
しっかりと抱え続けることが必要です

仮に、外から見て大きな変化がなくても、
現状を維持するっていうのは、
莫大なエネルギーを必要とします


どの合格者だって、本試験当日の5時間の勝負で、
気力も体力も使い果たし、最後の1秒まで喰らいついて、
必死になって合格を勝ち取ってきています

私がかつての受験仲間に会った時に感じる懐かしい気持ちは、
たとえ合格年度が違っても、
たとえ受験回数が違っても、
たとえ勉強環境が違っても、
『司法書士試験』という大きな壁に立ち向かい、
必死になって乗り越えてきたんだという、
共通の仲間意識に因って生まれるものかも知れません

この一番苦しい時期の粘りが、
本試験当日の試験終了30分前の粘りにつながります

苦しいのは、頑張っていることの証し、
身も心もボロボロなのは、必死に立ち向かっている証し、
7月3日の試験終了の合図があるまで、頑張り抜いて下さい

NSブログをご覧になっている受験生の皆様の
ご健闘をお祈りしております

画像



NS大阪副支部長  守屋 裕介

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『第6回NS全国大会in神戸を終えて』:守屋裕介先生 Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる