Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「受験勉強を振り返ってC」:浅井香葉さん

<<   作成日時 : 2016/12/15 00:43   >>

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 0



◆受験生のみなさんへ◆


最後に、私の受講生時代を振り返って、
受験生のみなさんへのメッセージにしたいと思います。

2011年に、実家の母がリウマチで突然動けなくなりました。

東京で仕事をしていましたので、
その時から、週末名古屋の実家へ
介護にゆく生活が始まりました


母を病院につれてゆくと、今手術をするか、
このままベッドの上で動けない廃人となって
1、2年の命で終わるか、どちらかだと言われました。

母は
「絶対手術なんか嫌だ、3年前に亡くなったお父さんのところへ行くからいい」、
と医者の前で言い張りました。

それでも私は、
「家族が必ず説得しますから、どうか手術の予定を入れてください、お願いします、お願いします!」、
と頭を下げました。

私が頑固なので、母も最後には諦めました。

検査入院、準備を経て、
2012年に腰と膝の関節を人口関節に置き換える
二度の大手術をしました。

高齢の母には過酷な手術でした。


手術の後、少し動けるようになると
、皮のベルトでベッドの柵に
子犬のようにつながれていました。

虐待ではなく、傷口が開かないための保護ベルトでした。

家族が付き添っている間は外してもらい、
車椅子で明るいロビーに行って食事をすることもできました。

「人間に戻った」感じでした。


私は仕事が休みのときは、朝から晩まで付き添っていました。

家族とはいえ、他人の人生を決める権利が
ほんとうに自分にあるのか、
もしも手術が失敗していたら、
どうなっていたのか、ずっと自分を責めていました。


麻酔の後の譫妄状態が長く続き、認知症が進行しました。

母は家に帰りたくて何度も病院を脱走しました。

認知症で、表情が固まってしまいました。

心まで固まっていました。


毎週毎週、金曜の夜仕事が終わって新幹線に乗り、
土日は車椅子を押して散歩に出かけました。

あるとき母に、「家に連れて帰らないならもう来なくていい」と言われました。

このときは涙が滝のようにあふれて
そのままボストンバッグを持って帰りました。

さすがに母も後悔して、背後で必死に私の名前を呼んでいました。

でもどうしても私は振り返ることができませんでした。


リハビリ病院を脱走したときは、仕事中、
若い医師から電話がかかってきて、
「今すぐお母様を引き取りにきてください」と通告されました

幸い、地元の同級生たちが心配してくれて、
その日のうちに転院先が決まりました。

三日後に、車で2時間の転院先へ連れてゆきました。

家へ連れて帰れと車の中で暴れたらどうしようかと恐怖でした。

もうそうしたら取り押さえるしかないと、
覚悟を決めてバスタオルを3枚車に積み込んで出発しました

病院にゆく道に、貴船神社がありました。

病院の行き帰り、いつも、
「どうか母を生きて家に連れて帰らせてください」
「もしできるなら、笑顔で暮らせる日が来ますように」
と手を合わせました。

だんだん遠出ができるようになったので、
長良川の鵜飼い、萩寺、美術館や映画館と、
週末ごとに車椅子を押して遊びに連れ回しました。

母も生きていると楽しいということがわかってきたようで、
土曜の朝私が病院にいくと、
「今日はどこへ遊びにゆく?」と目を輝かせて訊くようになりました。

画像


画像




秋に、リハビリ病院を退院して、老人ホームに入居しました。

成年後見の審判を申し立て、母の成年後見人となりました。

心底ほっとすると同時に、有限な人生、
私はほんとうにこれでいいのかな、とふと思いました


そうして、伊藤塾入門講座の山村クラスに入りました

法律の勉強は全くわかりませんでしたが、
テキストを開いて勉強できることがうれしかったし、
同期の最高の仲間たちに恵まれました

勉強も教えてもらったし、
「ドリルやった?」「過去問解いた?」と探り合ったり、
作った表を交換したりしました

「わーい、ボーナス出たよー」と、
飲みにもゆきました

高校生活に匹敵するくらい楽しかったです


2013年に会社を辞め
2014年に第一回の受験をしました。

出願前日の模試の出来があまりに悪く、逃げ出したいと思いました。

どこかみんなに会わない地方の会場でこっそり受けようか、
などと考えました

一晩考えて、カッコ悪くてみじめで泣きながらでもいいから、
とにかく闘おうと決め、翌朝すぐに法務局へゆきました


受験番号1番で受験しました。

このときは、択一70問のうち半分取れませんでした。

よく大学に入学できたなあ、と自分で思いました

本試験翌日から伊藤塾でカウンセリングを申込み、
勉強をやり直しました。

中級コースのエッセンスを受講しました


この頃から、直前期に仕事を辞め、
二年目の受験勉強を続けるために、
地方の実家に戻る仲間が出てきました。

みんなで、「筑波で会おう!」を合言葉に、
送別会をして合格を誓いました


毎週帰省していると勉強できないので、隔週にして、
母を病院へ連れてゆき、実家へ連れてゆきました。

本試験直前に母の容体が悪化し、
どうなることかと思いましたが、試験後に持ち直しました。

2015年の二回目の受験で択一が基準点を超え、
「一年でここまで伸びた、自分だってやればできる」、
と自信がつきました

しかし記述の不登法は「4点」、商登法20点でした。

残念というより、自分の実力のなさが
正確に反映された結果だと思いました


本試験後、
「みんなで一緒に頑張ろう、というのは仲良くていいけど、勉強に打ち込めないところもあるよね」と
クラスメートに指摘されました

そのとおりだと思い、再スタートのカウンセリングを受けた後、
しばらく伊藤塾の校舎から離れました。


そして8月、介護中に転倒して仙骨を骨折してしまいました。

椅子に座っていられなくなり、激痛で寝られませんでした。

下の階に引き籠りの学生がいて、
夜間のステレオが打撲した頭部にガンガン響いて不眠症となり、
自律神経がまいってしまいました


年明け、答案構成力養成答練の教室に来て、
久しぶりに仲間に再会したときは、
うれしくて泣きそうになりました

戦友に生きて再会したくらいの感動でした。

腰痛がぶり返し、3時間椅子に座っていられるか不安でしたが、
見てくれに構っていられないと
ズボンの上に巻きスカートで保温して受講しました。

こんな状態が続き、直前期も決して体調はよくありませんでした。


母の介護にゆくと、吐いたり動けなくなったりの世話で疲れ切って、
東京に戻ってから2週間体力が戻りませんでした。

模試では一度も合格ラインを超えられなかったし
、インフルエンザにかかって
会場にさえゆけないこともありました

でも山村講師から
「合格する年はなにか起きるんだよ。頑張ってね」と
最後まで励ましていただきました。

今年3回目の受験は記述で落ちたと思っていたので、
8月、9月は1ヶ月間に
不登法・商登法各12問ずつ解いて特訓していました


その最中の合格発表でした

母は認知症が進み、季節を尋ねると
「今、春です〜」なんておめでたくなっているので、
まあ司法書士試験なんて言ってわかるんかいな、と思いましたが、
報告すると、喜んでくれました。

いままでどこに遊びに連れて行ったよりも、
ずっと喜んでくれました。 



法律家になるということ


かつてサラリーマン時代、会社の製品が火災事故を起こました。

「事業者は自社の製品事故を知ったときから10日以内に報告の届け出をしなければならない」、
その規定を私も製品安全講座で勉強して知っていました。

製品安全講座の恩師が、心配して個人名で電話をくださいました。

このとき私は会社の倉庫に行って電話をしました。

でも、「一家焼け出された身にもなってください」などと
連日FAXが入るのを見ながら、一社員である私は、
どうすることもできませんでした。

法律の知識なんかあったって、
自分の無力さを突きつけられるだけだ、と思ってきました。

入門講座のある日、山村講師から
「法律の知識が人の命を救うこともある」というお話を聴きました。

自分の知識が人の生きる力になる、なんていうことが、
ほんとうに自分の人生に起こりうるのだろうか、
と真剣に考えました。

今は、相談したい、話を聞きたい、はやく資格をとってくれ、
という人たちが周りにたくさんいます。

法律の知識というのは、そんな力を秘めているのだと、
おぼろげながら感じ始めています

筆記試験に合格させていただいたのは、
早く社会に出て仕事をしろ、という天の声だと受け止めて、
これから研修、認定考査と、一所懸命勉強します。

一緒に挑戦しましょう



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 53
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「受験勉強を振り返ってC」:浅井香葉さん  Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる