★~Tの戯言その1~兼業受験?専業受験?どっちがいいの?

初めてNSブログに投稿させていただく
司法書士試験合格者のTと申します

編集長の皆川様には、
先日開催された全国青年司法書士協議会主催の
開業フォーラムで初めてお会いしたのですが
大変良くしていただき、少しでもその恩返しができればと、
この度NSブログに投稿させていただくことになりました

「司法書士の資格は、
会社勤めしながら(兼業で)合格できるのか

「結局は、予備校の誘い文句なのではないか

私の戯言が、
そんな悩みや疑問を抱いている方々の
一助となれれば幸いです

また、乱分にてお見苦しいこととは存じますが、
ご了承いただきたくお願い申し上げます


それでは、まず簡単に私のプロフィールを

●大学(MARCH理系)を卒業後、
中小の広告代理店に勤務

●勤めた会社は、
残業は当たり前の社風(もちろんサービス残業)で、
接待も週に1~2回程度

●1日の平均勉強時間は、3~4時間

●勉強開始は26歳。
合格したのは29歳(現在も勤務中)。



次に、「合格までの道のり」をご紹介

●1回目(勉強開始から7ヵ月)
午前:23× 午後:26× 記述×
感想:まーこんなもんかな。
1回目にしては上出来か

●2回目(勉強開始から19ヵ月)
 午前:23× 午後:23× 記述×
感想:1回目より下がるんかい~。
専業じゃなきゃやっぱり無理なの

●3回目(勉強開始から31ヵ月)
 午前:28× 午後:31○ 記述×
感想: 3回目にしてやっと手応えあり。
これが合格レベルってやつか

●4回目(勉強開始から43ヵ月)
午前:28○ 午後:30○ 記述39.5○ 
試験直後の感想:
去年から一年まるまる勉強したのに、点数変わらね~。
っていうか今年も午前足切りでは・・。
×は足切り又は採点なし

結果としては、4回目に無事合格出来ましたが、
不合格になってもおかしくなかったと思います

ただ、今年仮に不合格だったとしても、
何とかその後も頑張り続けることができたのではないかと思います。

というのも、この3年半で何となく
この試験の特性がわかってきたからです

●合格レベルに達するまでは
絶対的勉強時間が必要だということ

私は、結局2年半かかりました。

2回目の点数が1回目より下がったときは、
さすがに挫けそうになりましたが・・・

●合格レベルに達した後は、
知識の維持+α程度の勉強でもなんとかなるということ。

っていうか、合格レベルに達した後は、
なかなか点数が上がりませんでした

総合点は、合格した4年目より
3年目のほうが良かったと思います。

●合格レベルに達した後は、多少運が必要

択一の足切りさえクリアできれば、
後は記述の出来次第ですから

つまり、今年不合格だったとしても、
既に合格レベルには達しているので、
後は「運待ち」って感じなのだろう。
とわかっちゃったからです


次回からは、
もう少し具体的なお話をさせていただきたい
と思いますが、今回はこの辺で

また、具体的な勉強方法等につきましては諸先輩方が、
色々と書いていただいているので
私の話は控えさせていただきます

もっとも、たいして有効な
勉強方法もしていなかったと思いますし・・・



会社員T

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック