「民法で落ちない方法論その1 最初はとにかく我慢」:村上聡さん

みなさん,こんにちは。村上聡です

記事を書くのは約2か月半ぶりです

このところ本業が忙しくて
なかなか記事を書けませんでしたが,
久しぶりに投稿させて頂きました。

直前期と同様,技術論に軸を置いた
話をさせて頂ければと思います

昨年から択一の基準点が
8月上旬に発表されるようになりました。

択一で基準点を取れないと
8月上旬に不合格という結果を突き付けられますし,
午前の部で点が取れないと
気持ちの上では本試験当日の11時半に
不合格確定になってしまいます。

こうした事態を防ぐには,
とにかく民法で点が取れなければ話になりません

では,民法で落ちない点を取るにはどうすればよいか,
というテーマでしばらく書かせて頂ければと思います。

民法攻略のコツは,最初はとにかく我慢です

民法は分量が多いですし,
民法総則,債権総論,担保物権は
初学者にとって特に理解が難しい分野です。

条文を読んでも,
「私権は,公共の福祉に適合しなければならない(1条1項)」,
「債権は,金銭に見積もることができないものであっても,
その目的とすることができる(399条)」
といった極めて抽象的で,
なぜこんな条文があるのかすら理解できない規定に遭遇し,
意気阻喪してしまうこともしばしばだと思います。

他方,担保物権は,抽象的な規定は少ないですが,
技術的な性格が強い分野であるため,
難しく感じるのだと思います

民法総則や債権総論などの,
いわゆる「総論」的な分野は,
各論的な分野を勉強して初めて
総論も理解できるような構造になっていますから,
総則・総論を単体で理解することは難しいと考えて下さい。

理解できない箇所で立ち止まらず,
「いつか分かる日が来る」と信じて,
勇気を持ってその箇所は付箋を貼って後回しにし,
とにかく最後の遺留分までやり切ってから
前の分からない箇所に戻るという勉強をしてみて下さい

民法攻略のために一番やってはいけないことは,
分からない箇所で立ち止まってしまい,
先に進めなくなることです

こういったあたりは,
頭から順に理解すべきだ,
と教えられる小学校以来の勉強方法とは
根本的に異なるものです。

民法に限らず,法律学の勉強は,
頭から順に理解することはできない,
ということを念頭において取り組んで頂きたいと思います

不動産登記法や民事訴訟法などの
手続法科目が始まりますと,
頭から順に理解することなどできない,
ということがより強烈に実感できると思います。

次回以降,民法の中で,
○○の分野と△△の分野はつながりが深く,
まとめて勉強した方が時間短縮になるし,
双方の理解にもつながるから得ですよ,
といった趣旨の,より具体的な話をしていきます


村上 聡

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 45

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック