Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「郵送による申請と郵送返却」:正橋史人さん

<<   作成日時 : 2014/02/19 00:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

※今回の話、結論は単純なのに、ややこしい話がだらだら書いてあるから時間がない方は結論だけ読んで!

今回は、実務を行うに当たって、
超基本的である事項にもかかわらず、
なんだか条文がなにを言っているのかわからない
「郵送申請」と「郵送返却」についてのお話

まず、申請の方法については
不動産登記法18条に記載されています
--------------------------------------------------------------
不動産登記法第18条(申請の方法)
 登記の申請は、次に掲げる方法のいずれかにより、不動産を識別するために必要な事項、申請人の氏名又は名称、登記の目的その他の登記の申請に必要な事項として政令で定める情報(以下「申請情報」という。)を登記所に提供してしなければならない。
一  法務省令で定めるところにより電子情報処理組織(登記所の使用に係る電子計算機(入出力装置を含む。以下この号において同じ。)と申請人又はその代理人の使用に係る電子計算機とを電気通信回線で接続した電子情報処理組織をいう。)を使用する方法
→要するにオンライン申請
二  申請情報を記載した書面(法務省令で定めるところにより申請情報の全部又は一部を記録した磁気ディスクを含む。)を提出する方法
→要するに書面申請 

--------------------------------------------------------------


ここまでで、郵送申請、
郵送返却の話は出てきていません

申請書等の法務局への送付方法について記載しているのは、
不動産登記規則53条です。
--------------------------------------------------------------

不動産登記規則第53条(申請書等の送付方法)
登記の申請をしようとする者が申請書及びその添付書面を送付するときは、書留郵便又は民間事業者による信書の送達に関する法律 (平成十四年法律第九十九号)第二条第六項 に規定する一般信書便事業者若しくは同条第九項 に規定する特定信書便事業者(以下「信書便事業者」と総称する。)による同条第二項 に規定する信書便(以下「信書便」という。)の役務であって当該信書便事業者において引受け及び配達の記録を行うものによるものとする。
2  前項の場合には、申請書及びその添付書面を入れた封筒の表面に不動産登記申請書が在中する旨を明記するものとする。
--------------------------------------------------------------


不動産登記規則の解説書として、
「逐条解説 不動産登記規則 1(小宮山秀史著)(テイハン)」
という書籍があるのですが、それを参考にしながらも、
私なりに解釈を示そうと思います。

ポイントとなるのは、次の3つです


@「書留郵便又は民間事業者による信書の送達に関する法律 (平成十四年法律第九十九号)第二条第六項 に規定する一般信書便事業者若しくは同条第九項 に規定する特定信書便事業者(以下「信書便事業者」と総称する。)による同条第二項 に規定する信書便(以下「信書便」という。)の役務」(長い
A「当該信書便事業者において引受け及び配達の記録を行うもの」
B「によるものとする。」
 
まず@を見ましょう。

ここで「書留郵便」は確実にOKです(「簡易書留」もOK)。


あと、知られている事実として
「レターパックプラス(旧レターパック500)」はOKで、
「レターパックライト(旧レターパック350)」はダメなのは有名です。
レターパックが何かは次のリンクとおり、
http://www.post.japanpost.jp/service/letterpack/

「レターパックプラス」がよくて、
「レターパックライト」がダメとされているのは、
上記、郵便局のサイトに、
「対面でお届けし、受領印をいただく「レターパックプラス」と、
郵便受けへお届けする「レターパックライト」がございます。」
とあるためです

つまり、これは
A「当該信書便事業者において引受け及び配達の記録を行うもの」
に該当するか否かです

つまり、書留郵便と同等レベルの
取扱い方法がされているかどうかで判断されます

不動産登記申請書及び添付書面という重要な書面であり、
申請により国民の権利義務に重大な影響を及ぼすものなので
(しかも、受付番号の順序が非常に重要)、
「ちゃんと受け取りまで対面でする」ということが大事ということです。

さて、それでは「宅配便」はどうなのでしょうか


つづく


正橋史人

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「郵送による申請と郵送返却」:正橋史人さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる