「私の学習法~本試験について③」:本間詠美子さん

こんにちは、本間詠美子です

前回から引き続きまして
本試験(平成23年度)での体験について書きたいと思います。


午前科目の途中から、だんだんと答えが出しにくくなり、
「全然できない…!どうすればいいの?!」
とパニックになってきました

そのような中で思い出したのが、
「択一実践力」の講義中、
高城先生がおっしゃっていた
「分からないと思ったら問題に負ける。必ず分かる肢がある」
という言葉でした

それを問題用紙上部にメモし、
なんとか気持を立て直して一通り終わらせました。

分からない問題を何度見直しても
確信を持つ答えが出せない。

急に足の下の地面が消えてしまい、
宇宙にひとりぼっちみたいな気持になりました

マークするのが恐ろしくてたまりませんでした。

名前をきちんと書いてあること、
全てにマークしたことを確かめ、
「とにかく最低限のノルマは達したんだ」と
沈み込みそうな自分の気持ちをようやく支えました。

午前が終わったときには半泣き状態でした

「今年落ちるんだろうか…」と思って呆然としましたが、
「午前の気持を引きずってはダメ」
という山村先生の言葉がよみがえり、
「ここであきらめたら本当に落ちる。午後で取り返すんだ。」
と、気を取り直してご飯を食べました

10分ほど仮眠をとった後、
少し体を動かしたりしつつ、
午後科目の表などを見返しました。

午後の試験が開始されました

以前書きましたように、
私は午後は商登記述から解き始めます。

最初、登記記録をみても会社形態が把握できず、
血の気がざっと引きました。

「ぜんぜん分からないけど、
もしかして整備法が関係しているのかな?
でもそれは全く押さえてないからわからないぞ…。」
とぐるぐる考えましたが、
とにかく読み進めていくと、それがわかりちょっと安心。

解いている最中は、「やたら細かいな」と思いました。

ただ、役員変更が主だったので、
山村先生の「役員変更を落としたら落ちる」
という言葉を思い出して、
「みんなかなり書いてくるんだろうな。やばいな」
と思っていました。

答案構成が終わっていざ解答用紙に記入しようと思って、
また青ざめました

それは間抜けな理由で、です。

「本試験の時には、あらかじめ配られる記述の解答用紙を
よく眺めておくように」と先生に再三言われますが、
演習や模試では私も毎回そうしていました。

実はその際、解答用紙の枠の大きさから
解答の記載量をあらかじめ推測していました。

というのも、演習や模試では
解答枠の大きさは書く量と比例して大きくなります。

それがあって私は、本試験の解答用紙を見た段階で
「1欄2欄とも登記の事由は2つくらいかな」
と予断をもってしまったのです
(それにしても少なすぎですよね…)

でも、本試験問題では
枠の大きさと記載量は関係していなかった。

自分の答案構成と解答用紙を見比べて愕然としましたが、
まさか解答用紙の枠の大きさで
書くべきことを決めるわけにもいかないので、
意を決して答案構成どおりに解答していきました。

くだらない理由ですが、
そのときも本当に恐ろしかったです

70分でおおよそ枠を埋めましたが、
なんと私は瑕疵事由を見つけられませんでした。
(※つまり、法務省の模範解答通りの答えが正解と考えれば、
私はAランクの役員変更を落としたのです…。)

「解答欄があるのに瑕疵事由がないわけない」とは思いましたが、
70分は私が商登法に使えるマックスの時間でしたので、
時間があれば戻ることにして、そのまま択一に移りました。


【答案構成商登】
画像


「事業年度の変更による期間計算は、かなり細かく書いていました」
画像


午後の択一は、「その8」で書いたような要領で、
とにかくできるだけ少ない肢でさっさっと解こうと決めていました。

曖昧なものに△をつける、というより、
「分かる肢だけ探しに行く。

これまで遭遇したことがないと思う肢には手を触れない」
という感じです。

解いている最中は難しいとは感じていませんでしたし、
あっているかあっていないかの判断すら
ほとんどしていませんでした。

「できている」感覚はまるでなかったのですが、
結果的には、午後29問が正解していました

最後に不登法記述に移りましたが、
ここは正直あまり記憶がないです

ただ、共同根抵当権追加の登記事項のうち
「債務者」の部分について
少し難易度の高い「債務者」の書き方にかまけるあまり、
「極度額」や「債権の範囲」を書き忘れるという
大ポカを犯しています

難しいところを無理に解こうとするあまり
簡単なところを落とすという典型的なミスです。


【答案構成不登】
画像


最後の5分位で名前とマークもれをチェックすると、
不登法択一の登記簿問題(第19問)を
抜かしていたことに気づきました

時間がないので、
当てずっぽうでマークしようかと思いましたが、
一応設問を読んでみることにすると、
2肢で4つの選択肢が切れたので、
「もうそれでいいや」と思ってマークしました。

結果それが正解していました

最後の2分、ぎりぎりで一問とることができました。



NS大阪支部員  本間詠美子

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック