Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 『よくある質問1』:稲田勇也さん

<<   作成日時 : 2012/01/05 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 45 / トラックバック 1 / コメント 1

あけましておめでとうございます

平成21年合格の稲田勇也と申します

大阪梅田校でクラスマネージャーをしております。

クラマネをしていて 圧倒的に多い質問が
「どのように勉強すればいいですか」です。

そこで、今回は私が回答している内容を記事にしてみました。

参考にして頂ければ幸いです。

まず、試験勉強の目的は
合格することにあるといってよいでしょう

そして、合格するためには、
20年分程度の過去問を解ける状態にする必要があり、
それ以上は不要と考えます。
(但し、会社法は除くhttp://next-stage.at.webry.info/201001/article_16.html参照)

但しこれはあくまでも私の仮説ですから参考までに。
(合格者の数だけ勉強法があります。)

ではどうやってこの状態にすればいいか。

おそらく、「過去問+テキストの基礎知識習得」
ということになるのでしょう。

多くの相談を受ける中で、
受験生の方々が取り組む勉強には、
段階に応じて一定のパターンがあるように思いました。

今思いつくのは以下のものです

1 テキスト、過去問、合格シート、条文等
  与えられたもの全てを完璧にすることを目指す。
  特に1年目のやる気満々の人
  →このまま試験日まで続ければ、おそらく全て中途半端で不合格

2 それが試験までにできる訳がないことに気づき、
  もしくは講師の指示に素直に従い、
  過去問やAランクに絞る人
  →本当にしっかりできていれば、合格の可能性が高い
  
3 過去問中心で頑張ってみたものの、
  あと一歩合格点に届かず、過去問だけでは合格できないと思い、
  あらゆる参考書、問題集に手を出す。
  →次の年の合格も危うくなるかもしれない。

この中で初学者が注意すべきは1

他方、中上級者は3に注意すべきだと考えます。

私の仮説が真ならば、
1と3は資格試験の正攻法から外れています。

なぜなら、沢山の教材やマイナー科目のテキストを
隅から隅まで勉強しながら習得できるほど、
過去問やAランクをモノにするのは楽ではない
と考えるからです。

ですから、2の勉強をすることが一番良いでしょう

もっとも、3に陥ってしまうのも
やむを得ないと思うこともあります 。

その理由は、過去問以外の「テキストの基礎知識」の範囲が
不明確だという点にあります。

その結果、不安になってしまい、あらゆる教材を読もうと
思ってしまいがちだからです 。

そこで、このテキストの基礎知識をどうやって習得するか
が問題となります。

前述のとおり、以下は私見ですから参考程度に。

まず、 結論は、
20年分程度の過去問をできるようになるまで解くことです。

そして、過去問を解く際に以下のことを意識します。

 1 過去問の問題文に条文、判例、先例を丁寧にあてはめる。

 2 条文の文言が不明確な場合にはその条文の趣旨から基準を定立する。

当たり前のことかも知れませんが、私の知る限り、
これを意識している方は少ないように感じます。

このことをしっかりと意識することにより、
インプットの範囲は限られてきます。

過去問の分厚い解説を読みこむ必要がないことがわかるのです。

すなわち、問題を解く(=問題文をあてはめて結論を出す)ために
必要な条文、判例、先例を読み、記憶していけばよい
ということがわかるのです。

また、条文の文言そのままでは
問題文の事案にあてはまるか否か不明である場合には
条文の趣旨から基準を定立するのだ、
ということを意識しておけば、
条文の趣旨の使い方にも慣れてくるはずです。

もちろん、条文それ自体を覚えるために
制度趣旨等を理解しなければならないのは言うまでもありませんが。

このように過去問を演習する中で、
自然とテキストの基礎知識を習得できるものと考えます。

私自身がそうでした。

「このような意識のもと過去問を演習すること」
それが私の「どのように勉強すればいいですか
に対する答えです。

今回は方法論的側面から記事を書かせて頂きました。

しかし、注意して頂きたいことがあります

矛盾するようですが、
方法論だけでは合格することはできないということです。

ある偉い先生は、合格のためには
気持ち、方法論、実行力が必要だとおっしゃられました。

全くそのとおりだと思います。

合格者の数だけ方法論は存在するのですから、
合格するかどうかは、
結局は気持ちと実行力の問題なのかもしれません。

また皆さんに紹介したい質問があれば、
記事を投稿したいと思います。

今年の試験に向けて頑張られている方、
勉強を開始されたばかりの方、
苦しい勉強に負けず頑張って下さい

応援しています


NS大阪支部員 稲田勇也

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NS開設5年目突入記念イベント 「第1回NS全国大会IN梅田!〜好きやねん、大阪〜」 実施報告
こんにちは{%笑いwebry%} ...続きを見る
Next-Stage
2012/02/07 06:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
過去問の勉強法いいですね!

たいへん参考になりました。

ありがとうございます。
酒井利美
2012/03/19 19:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
『よくある質問1』:稲田勇也さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる