Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 【続報 平成25年本試験記述式不動産登記法】

<<   作成日時 : 2013/07/09 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の速報について,若干の訂正があります。

訂正箇所及び内容
@第1欄(2) 甲土地2件目(遺贈による所有権一部移転登記)の添付情報
→エを削除

A第1欄(3) 甲土地3件目(相続による民事二郎持分全部移転登記)の添付情報
→エを削除,キを加入


訂正後の解答例
@添付情報 ア カ チ ト ソ シ
A添付情報 ア カ キ サ

説明
@について
遺言者民事二郎の死亡時の住所が,
住居表示実施後のもの(○番○号)であることから,
本籍と住所は一致しないものと解されます
(本籍は,戸籍の所在地であるため,
地番又は街区番号で特定され,住居番号(○号)を含まない)。

そこで,当初,相続登記における
被相続人の同一性を証する情報の取扱い(登研126p43質疑)に準じて,
民事二郎の除住民票写しである別紙8(エ)が必要となると考えました。

しかし,この取扱いの趣旨は,
主に同名異人の可能性を排除するための
ダブルチェックにあると考えられますので,
別紙1の遺言公正証書(ア)を提供する本件では,
遺言書にある民事二郎の氏名及び生年月日と戸籍のそれらとにより,
遺言者本人の死亡の事実を認定できます。

したがって,別紙8(エ)は不要と考えを改めました。

Aについて
エの削除に関しては,@同様,別紙1の遺言公正証書(ア)を通じて,
登記と戸籍間の被相続人の同一性を認定することができます。

キ(民事冬子の戸籍一部事項証明書)は,
相続を原因とする登記であるため,
権利取得者が相続資格を有する者であること,
すなわち,推定相続人である民事冬子が
被相続人死亡当時において
生存していたことを証明するために提供する必要があります。



筒井一光

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【続報 平成25年本試験記述式不動産登記法】 Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる