Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS Review「予防法務」と「勧善懲悪」、そして司法書士:河合保弘先生

<<   作成日時 : 2014/01/24 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

みなさん、こんにちは

昨日に引き続き、
「予防法務」についての記事を掲載します。

司法書士本来の立ち位置について考えてみるのも
非常に有益なのではないかと思います。

NS編集長


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


一般的に「法律家」と言えば、
無味乾燥な法律知識でもって他人を一方的に裁いたり、
あるいは誰かの代理人になって
相手方を完膚なきまでに叩きのめすための武器として
法律知識を振り回すというイメージがありますよね。

もちろん、社会のルールを破った者に対して
法律を適用して懲らしめるというのも、
法律が持つ一つの作用ではありますし、
必要な事でもあるとは思います。

今でも大人気の時代劇「水戸黄門」では、
毎回終盤になると助さん格さんが
葵の御紋の入った印籠を振りかざしますが、
まさにあれが世間の人々が考えている
「法律の権威」なのでしょう。

しかし、よく見ているとほぼ毎回、
印籠を振りかざしただけでは事は収まらず、
最後は刀を抜いての派手な斬り合いになり、
何人もが斬り倒されてしまうのです。

その意味では、法律とは
「悪と闘う刀」であるということですね。

そして水戸黄門は「勧善懲悪」と言います。

でも、最初は印籠という権威を振りかざし、
最後は刀を振り回して闘うことには、
確かに「懲悪」という部分はあっても、
では一体「勧善」は何処にあるのでしょう?


私は、本当の意味での法律の役割とは、
悪と闘って叩きのめすことではなく、
むしろ「争いのない世界」を作り出すための予防的なルール、
すなわち「勧善」のための
ツールであるべきではないかと考えています。


時代劇で言えば、
事件が解決した後に
二度と再発しないための対策を取ること、
そして今後また同じような悪人が出てきて
悪事を行うことがないように予防することが
「勧善」ということになるのでしょうか。

ただ、その部分はドラマとしては非常に地味なので、
あまりテレビの画面に出てくることはありません。


さて、ここからは
私独自の考え方なのかも知れませんが、
法律家には
「懲悪」をメインとする者と
「勧善」をメインとする者の
両方が必要であると思います。


医療の世界で、
手術とかの外科的な対症療法をメインとする医師と、
内科的あるいは東洋医学的な予防医学をメインとする医師が
並存しているのと同じ発想ですね。

そして、医療ドラマの主人公の
ほとんどが外科医であることで分かるように、
前者は派手で後者は地味です。

しかし、100年以上の長きにわたって、
登記という双方代理業務に
馴れ親しんできた司法書士にとっては、
法律を武器として派手に振り回すのではなく、
法律が登場しないでも済むような社会を作ること、
すなわち「勧善」という地味な作業こそが、
最も重要な仕事なのではないでしょうか。


もちろん、簡裁代理権を取得された方々は、
ある部分では「懲悪」の仕事をすることになりますが、
それはあくまでも例外的かつ限定的な業務で、
本来の司法書士に課せられた使命は
「勧善」であり「予防法務」であって、
そこが弁護士さんと司法書士との
根本的な違いであると私は考えています。


紛争が起きないようにするにはどうすれば良いか?

それには、いろいろな社会の状況に適応した、
非常に広汎な視野が必要になりますので、
法律面に関しても、
単なる代理人的発想では通用しない、
より深い法的知識と、
それを正しく適用するための社会常識が求められるのです。

そして、最近ようやく
予防医学が脚光を浴び始めているのと同じく、
これからは予防法務が社会的に
重要なテーマとなってくることは間違いありません。


実は、予防法務の専門家は、
我が国には今のところ
司法書士と公証人以外には存在していません。


その意味から、司法書士は今後、
各方面から非常に期待される専門家となるものと、
私は思っています。


私の小説「エスコート・ランナー」のセリフの中に、
こんな言葉があります。

「法律はよく斬れる刀。だから抜かないようにしなければ。
司法書士が法律を学ぶのは、
それを使うためではなく使わないためなのだ」

合格者のみなさんには、社会のニーズに応えて、
予防法務の専門家としての
司法書士となっていただけるようお願いすると共に、
受験生のみなさんにも、次年度には是非、
予防法務を担う司法書士の仲間に
加わっていただきたいと願っております。


河合保弘

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Review「予防法務」と「勧善懲悪」、そして司法書士:河合保弘先生  Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる