Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆子供と仕事と勉強と −Y− ◆:さくらいみつこさん

<<   作成日時 : 2014/01/29 00:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。さくらいみつこです

遅ればせながら、前回の続きです。

なんとか後は、最後の詰め込みをして
帳尻を合わせるだけとして、横になりました


ガバッ。

何だかお日様が思ったより高いような・・・

でも、まだ 目覚まし鳴ってないよな

時間がなーーーーーーいっ

でも、目覚ましは
どうやらきちんと仕事をしてくれていたみたいです。

完全に目覚まし音が聞こえてませんでした
何てことでしょう。
こんな本試験日は前代未聞です

あたふたと着替えをし、準備をして
朝食もそこそこに飛び出しました

子供達には野球の支度のことやら食事のことやら
電話であれこれ連絡をしながら、
会場にイソイソと向かいます。

じっくり憲法や司法書士法の条文を見る余裕なんて
とてもありませんでした

『この状況で一週間以上間を空けてしまったものを見るのは
精神衛生上良くないから止めておこう。』

『今まで積み重ねてきたのだから、何とかなる。』
と開き直り、見慣れた図表での確認をしました。

今回は、初めての会場です。
前もって組んでいた予定自体が早め早めだったので、
会場には結局丁度良い時間に着きました

教室に着くまでの間に、
トイレの場所と教室からの距離を確認しました

席は今までの会場とは違い、
二人掛けでラッキーと思いました。

上からはヒンヤリとした風が
エアコンの吹出口から吹いてきます。

ここ数年、頭に冷風を受けると
必ず熱を出す体質になってしまった私は、
今年はこの風との戦いになりそうだと肝を据えました

どんな状態でも、
今日も自分は幸せに向っているんだって思う様にしました。

そう思うことで、自然と口角が上がりました

そうそう。
席に着くとき、お隣の方に「よろしくお願いします」なんて
朗らかにご挨拶したのは初めてだったのですが、
ご挨拶を返して下さり、良い方がお隣で良かった(^^♪
と安心しました

ただ、やはり風が冷たく感じたので、
試験官の方に伝えて、少し設定温度を上げて頂きました。

席では、iPhoneで前日に撮った写真で
様々な計算をじっくりと眺めました。

そして、択一での犯しやすいミスのメモも
絶対にしてはいけないこととして
自分に言い聞かせる様に眺めました

そして、最後にもう一度計算のところを刷り込みました。

試験官の方による注意事項などの説明が始まりました。

最初はお約束事の様に何となく聞いていましたが、
そう言えば、もう長いこと模試など会場受験していないことに気が付き
これはちゃんと聞いておいた方がいいと思い、
実際に印刷された文字を目で追いながら聞く様にしました。

さて、試験開始です

今まで乱調落丁を確認することすらせず
いきなり解き始めていたのですが、
今年はちゃんと確認すると決めていました。

午前は基準点+1
午後は基準点+3 は守りたいと思い
『ひとつひとつ 兎に角読み急がず丁寧に』
『軸にするものの選択を誤るな』
と自分に何度も言い聞かせつつ、始めます

大抵普段は、親族相続編から解き始める所ですが
たまたま開いた民法の1問目の問題との相性が良さそうだったので
ここから始めることにしました。

その後は、問題の順に沿って特に飛ばす問題も無く進めました。

飛ばさず済んだのは、大っ嫌いな計算問題が
試験直前に穴が開く程確認していた
連帯債務の負担に関する問題だったからです

「よしっラッキー」と思いました。
でも、この気持ちの動きは危ないと思い
すぐに自分を律して取り組みました。

民法を解き進むにつれ、
気持ちよく切れる肢が少なくなって来ます

去年よりも難しい・・・と感じました

全体から見た自分の出来も、あまり良くないと感じました。

でも、丁寧に曖昧なものを軸にしない様に
ともう一度言い聞かせ

民法 → 刑法 → 一旦ここで今までの分の解答をマーク
→比較的好きな会社法 → そして最後に朝の確認を逃した憲法

その時の感覚としては、
憲刑各1問ずつ、民法は4問、会社法は1〜2問それぞれ落として
大体27〜8問 基準点行くか行かないかという所。

試験終了17分前、一通り解き終え
残りのマークに取り掛かる。

マークをまとめて最後にしないのは、
3回目の午前択一の時の教訓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

試験終了まで残すところ約20分、推論を2問残した所で
解いた問題すべてマークをしてしまおうと考えた。

機械的にこなせば時間はある筈なのに
この後にマークチェックもして・・・と考えていると
マークしている間に気持ちが動揺してきた。

強引に進めようとすると、その動揺はどんどん大きくなる。

手が震えていた。
「なんだこれチキンだな。」と
自分を遠くから眺めつつ必死に抑えようとするが
その震えはどんどん大きくなった。

マークの個所に芯の先を合わせるが、
そこに収まらない程大きく揺れた。
マーク一つ一つを塗るのに、ひどく時間がかかった。

結局、推論まで辿り着けずマークを塗りつぶすことだけで
その時間は終わった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この年は、やっと模試で択一が30超える様になり、
なんとかしたい思いが強かっただけに、
本当に悔しさばかりが残りました。

けれど、あの時があったから
心を静めておかなければならないタイミングも
わかる様になりました

さて、冷風の御蔭で大分冷えて来たので
上着で首元を更に温め、
マークチェックと気になる問題の見直しです。

午前の部、終了

(つづく)


さくらいみつこ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度どうも(笑)。問題を丁寧に読むということは、特に時間に追われる午後の試験であれば、なおさら肝に銘じる必要がありますね。去年の商登記述では取締役の一人と支配人が同一人であることに終了間近まで気付かず本当に焦りました。研修や開業準備等でお忙しいことと思いますが、つづきもよろしくお願いします。
かわせみ
2014/01/29 09:53
かわせみさん 毎度ありがとうございます(*^^*)
経験から学ぶことって本当に多いですね。また、真剣に取り組んだ上での失敗だからなお、その失敗の対策を真面目に考えておかないと、同じ失敗はやはり繰り返してしまう。
失敗を克服できたら、合格は間近かもしれません!
さくらいみつこ
2014/01/29 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
◆子供と仕事と勉強と −Y− ◆:さくらいみつこさん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる