Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「条文を読むのが嫌いな受験生へ」:後藤克教さん

<<   作成日時 : 2014/03/31 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

静岡の後藤です

皆さんはよく
「司法書士試験では条文が大事だよ」
と聞いていると思います

ではどの程度条文を読み込むか

同期合格者に聞くと人それぞれです。

六法の素読をするといい、
という話を聞いてやってみましたが、
私は早々にギブアップ・・・

六法にマーキングもやりませんでした。

まともに六法を読んだのは
(テキストでは簡単に触れられる程度の)
民法の組合契約とか商法プロパーの部分ぐらいでした。

ただ誤解のないように言っておきますが、
条文の素読をしなかったことは
条文を軽視したことを意味しません

疑問に思った点は
六法を引いて確認する作業はしました。

また講義やテキストは
噛み砕いて説明されているものですが、
逆に講義で理解しづらかった点、
テキストの表現があいまいな場合には
逆に六法を読み込むほうが理解できるものもあります。

例えば商業登記での印鑑証明書の添付の論点

これは超重要な論点ですけど学習の最初は混乱します

でもこの論点は商業登記規則61条の構造を、
なにが原則か、なにが例外かを仕訳しながら
意識して読むと理解が確固たるものになります。

合格に至るまでのルートは人それぞれですので
素読するかどうかはお好みでよいと思います。

ただ条文は重視する姿勢で学習してください

蛇足ながらもう一点

試験合格だけなら条文読むのが苦手でも
(代替的な学習法で)なんとかなるかもしれません。

しかしそんな状態では合格後にかなり苦労します

特別研修では(チューターによりますけど)
徹底的に「根拠条文は」と質問されます。

配属研修でも申請書や議事録作成して提出すると
(配属先の先生によりますけど)
徹底的に根拠条文を聞かれます。

また、配属研修先の先生や
各種勉強会での先輩方の姿を見ますと、
疑問点は条文を徹底的に読んで、
解釈もコンメンタールで調べ、
決してあいまいな答えは出していません

私もまだ条文に対する姿勢が甘いと痛感しています

受験生の皆さんは
試験問題を解けるかに目がいってしまうと思いますが、
法律家を目指す以上、受験生の時代から
条文とうまくお付き合いしていただきたいと思います

この文書は私自信の反省の意味もこめて執筆しました


NS東海支部 後藤克教

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「条文を読むのが嫌いな受験生へ」:後藤克教さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる