Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「択一に落ちない方法論その5 通常の過去問集と単年度版過去問集」:村上聡さん

<<   作成日時 : 2014/06/02 00:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

みなさん,こんにちは。村上聡です

今回は,通常の過去問集と単年度版過去問集の
特徴を踏まえた両者の使い分けに関するお話しをします

今回の意図は,
本当の意味で過去問集を使いこなして頂くための
手助けをすることにあります。

併せて,直前期の勉強姿勢に関する
アドバイスも内容に含めています

通常の過去問集は,
科目ごとに体系順に整理されています。

通常の過去問集のメリットとして,
次の3点を指摘したいと思います

第1に,繰り返し出題されている
基本事項を把握しやすいことです

これにより,
「絞り込みと繰り返し」の
対象の把握も容易になりますし,
繰り返すことにより基本事項の
知識の精度は格段に向上します

直前期ほど「より丁寧に」「基本に戻る」
イメージで勉強することが大事なのですが,
体系順の過去問集はこうした勉強の手助けになります。

第2に,各論点の出題のツボを把握しやすいことです

出題のツボを把握できるということは,
試験委員が仕掛けてくるひっかけのツボ,
すなわち,「もっともらしい誤り肢」,
「嘘っぽい正しい肢」の作り方が
感覚的に分かってくることを意味します。

そうすると,「罠」にはまりにくくなり,
得点力向上につながります

第3に,「過去問とテキストの往復」がしやすいことです

直前期にはテキストを通読する時間はなくなってきますが,
過去問で繰り返し出題されている重要論点については,
もう一度テキストに戻り,
目次を利用してその論点の科目全体における
位置づけの確認や周辺知識の確認を行って頂きたいと思います
(過去問集の解説の余白に「入門○頁」などとメモしておくと,
テキストの該当頁へのアクセス時間が短縮できますし,
近辺に載っている周辺知識もすぐに確認できておすすめです)。

「丁寧な」作業の積み重ねこそが
本試験で威力を発揮するというのが,
私の経験に基づく考えです。

目的意識を持たずに
過去問の早回しをする必要は一切ありません。

他方,通常の過去問集では,本試験全体,
すなわち11科目70問全体という視点を持って
問題を解くことはできませんし,
その年の択一試験全体の難易度を
把握することもできません。

私は以前の記事で,本試験では,
基本問題:応用問題:捨て問候補の問題≒20:10:5
の比率で配置されているから
70問中10問くらいは捨てても大丈夫だ,とか,
早く正確に解くことが大事だ,
といった趣旨のことを書かせて頂きましたが,
通常の過去問集だけでは
そうした感覚を掴むのは難しいと思います

そこで,通常の過去問集の欠点を補うものとして
単年度版過去問が役に立つのです

11科目70問全体という視点で試験問題を見て,
本試験の感覚を養うべく,
特に6月下旬の超直前期には
単年度版過去問を解くことが有益です
(私も3年分解きました)。

超直前期に単年度版過去問を解くのは,
「模試慣れした頭を本試験問題に戻す」
という意味も持っています。

「択一に落ちない」ためには,
自分の頭を「本試験の」「択一に落ちない」
状態に作り上げることが先決です

そのためには,
模試で出題された未知の知識ばかりを追い求めるのではなく,
過去の「本試験の」問題である過去問を,
「より丁寧に」「基本に戻る」イメージで,
出題のツボを把握しながら,
「過去問とテキストを往復する」
姿勢を忘れずに解くのが一番です。

そして,通常の過去問集と
単年度版過去問の特徴を踏まえ,
両者をうまく組み合わせて利用してみて下さい


村上 聡

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「択一に落ちない方法論その5 通常の過去問集と単年度版過去問集」:村上聡さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる