Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の必殺技B「IT導入」:山口岳彦さん

<<   作成日時 : 2014/11/26 01:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

受験指導校の教材・レジュメと市販の過去問・参考書等
(以下、これらを総称して「紙教材」といいます。)
で合格に必要な知識はそろいます

しかし、私の場合、紙教材と手書きメモだけの学習には
以下の弊害がありました

@講義でメモした紙を紛失する

A自分で書いた字を自分で読むのは、
自分の声を録音したテープを自分で聴くのに似た嫌悪感がある。
手が疲れて汚くなった字はなおさら見たくない

B中上級で与えられる紙教材のまとめ表は
自分の弱点とズレることもある

OKな知識も、紙教材に書いてあると
気になり見てしまい時間がどんどん減っていく
(弱点だけをピンポイントで補強できるオリジナル教材の必要性)。

そこで、これらの弊害対策として、
要所だけ、パソコンでまとめをやりました

使用した機器はiPad miniとノートパソコン、ときどきiPhone
(満員電車で条文を確認する術)でした。

主なソフトウェアはWord、Excel、PDF、Drop Box
(データをパソコンとiPad miniで共有する)、
iBook(iPad miniでPDFを閲覧する)、
メールソフト(講義メモのデータをパソコンに送る)です。

ここで、司法書士の受験生や合格者のITスキルは千差万別です

一部にはSEの経験者、
多かれ少なかれ基本操作ができる方から、
パソコンに一度も触ったことがない方までいらっしゃいます。

この先をお読みいただき
「そんな基本的なことわかるよ」と
不快に思われる部分もあるかもしれませんが、
読者のITスキルに幅があることを前提に、
ご容赦いただけると幸いです。

さて、私が受験勉強でITを導入したのは主に以下の3点です

@基本の中で特に重要な核知識

A記述式の弱点補強ノート・連想ツール

B講義中にメモをとる


以下、順にご説明申し上げます

@基本の中で特に重要な核知識
(根抵当権の元本確定事由や株式会社の登記事項など)
与えられた紙教材ではやりにくい場合に、
自分にとって見やすい表を作りました

たとえば、
根抵当権の元本確定事由・確定時点・確定登記の要否の一覧は
紙教材だとどれもしっくりこなかったので、
(複数の紙教材をベースに)自作しました

画像


また、記述式演習の先生から
「根抵当権に関する一連の論点を思い浮かべながら、
民法の根抵当権の条文を一つ一つ丁寧に読む」よう
指示されたことをうけ、
根抵当権の条文のキーワードを隠した
「条文クイズ」を作りました

画像


編集方法のポイントを挙げます

まず、根抵当権の条文のデータが必要です。

六法を見ながら一文字ずつ手で入力するのは、
時間がかかるうえ間違いが入りやすいため避けたいです。

もっと楽で正確な手順があります

(1)YahooやGoogleなどで「民法」を検索します

(2)検索結果の上位に、
「law.e-gov.go.jp」の文字列を含むURLのサイトが出ます

これは政府の「法令データ提供システム」にある
民法の条文データのページですが、
民間の検索エンジンでも上位にヒットします。

ここで、六法の民法と同じ文言の
電磁的記録が手に入ります
(大抵の法律はネットで条文のデータを拾えます)。

(3)スクロールして第三百九十八条の二を
探してもいいですが、もっと楽にできます

左手小指で「Ctrl」を押しながら左手人差指で「F」を押すと、
検索ワードを打ち込む欄が出ます。

ここに「根抵当権」と入れページ内検索をすれば、
民法の条文の中で「根抵当権」の語が出てくる箇所を
順番に見ていけます。

(4)必要な文言だけを選択し
コピーし、Word文書に貼り付けます

あとは通常の文書や表作成の操作で好きなように編集できます。

ちなみに、写真の中の「●」は、「まる」を変換して「●」にしました。


A記述式の弱点補強ノート・連想ツール
ある程度作ってから途中に挿入したいことが出てくると、
手書きだとやり直しです。

他方、データだと簡単に再編集できます。

また、何度も繰り返し見ることに意味があるので、
電子データは紙のノートとは異なり、
絶対にボロボロにならない利点もあります

また、お風呂で見たい部分だけを
新聞チラシの裏面に印刷して使い捨てもできます。

そして、私の必殺技A「Walking Study」で大活躍しました

夜帰宅する時、職場から駅まで、駅から家まで、
iPad miniに入れた「条文クイズ」、
「弱点補強ノート・連想ツール」を歩きながら見ました。

一度だけ電柱に激突しました


B講義のメモ
iPad miniの「メモ帳」を使えば、
手書きより早く大量に記録でき、手もあまり疲れません。

講師が後で補足したことを
本来の位置に挿入することもできます。

iPad miniで講義のメモをとり、パソコンにメールで送れば
WordやExcelで表形式に編集できるので、
Aの弱点補強ノート等の作成も楽です

紙のノートを作成するのであれば、帰宅してから
最初から一文字ずつ書いていかなければなりません。

iPad miniを使用したメモ取りは塾の講座でやり始め、
青年司法書士フォーラムや
神奈川県司法書士会の研修でも続けています。

最後に、IT導入は「やりすぎない」ことも重要です

私の2年目は過去問に関わる条文につき、
定義・趣旨・要件・効果などの基礎知識を
自分でまとめる主体的編集作業の快感から、
全ての過去問に関わる条文について
「条文補強シート」を作り始めました。

結局終わらないまま本試験を迎え惨敗でした

全体的な知識整理は紙教材に任せ、
紙教材ではどうしても不足するところや、
特に補強したいポイントだけ、
自分にとって最高の電磁的記録教材を作るべきです。

必殺技シリーズはあと3回です

シリーズCは時間の考え方、
Dはモチベーションが下がったときの対応、
Eは「あなたの必殺技の見つけ方」です


山口岳彦

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私の必殺技B「IT導入」:山口岳彦さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる