Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の必殺技C「現在・未来思考」:山口岳彦さん

<<   作成日時 : 2014/12/06 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 1 / コメント 0

学習計画を立て、
「この計画で進めて合格力を蓄える」
と決めたのに、計画を守れなかった

そんなとき、
自分が決めた計画を達成しなかった自分がいる事実を
一番よく知っているのは自分自身です

自分が決めたことをやらなかった「過去」の事実により、
「現在」の勉強に取り組む気力がしぼんだ、
そんな経験がある方も多いのではないでしょうか?

人間ですから物事が予定通りに進まないとき、
時間はあっても体力・気力が足りないときもあります

自分が決めた計画を達成できなかったとしても、
その「過去」の事実を後悔しすぎる必要はありません
(反省は必要です)。

とはいえ、計画が破綻した結果、無計画に惰性的に、
短期・中期の具体的目標もなく漫然と何かをやる状態になると、
客観的に合格に必要な力がつかず
本試験までに間に合うペースでない危険があります

とすれば、
このような計画破綻による意欲喪失の状態から
なるべく早く脱出する術を身に着けておくことも、
1年でも早く合格するために重要です

何を隠そう、私の受験経験こそ、

計画→破綻→長い惰性→再計画→破綻→長い惰性…

の繰り返しでした

そこで、私が「惰性」から「再計画」へ
立ち直ったタイミングで何を考えたかを振り返り、
必殺技をご紹介します

計画破綻による意欲喪失を原因とする
スランプから脱出するための「現在・未来思考」です

ある有名講師の名言の一つに、
「今の積み重ねが未来を創る」がありました

ある教材を購入したところ
この名言が印刷された栞があり、
ほぼ毎日、この教材を使う度に
「今の積み重ねが未来を創る」が
目に入っていたことが伏線だったと思います。

学習不十分だった「過去」の積み重ねが、
合格レベルの力がない「現在」の自分を創ったこと、
「過去」の計画破綻が
「現在」の意欲喪失状態を創ったことに
ある時気が付きました

同時に、意欲喪失により
惰性的に勉強する「現在」を積み重ねると、
永遠に合格できない「未来」を
創りかねないことにも気が付きました

創りたい「未来」を想定し、
これを創るための計画を淡々とこなす
「現在」の積み重ねが重要であること、
冷静に考えれば当たり前なのですが、
うまくいかないと計画を放棄して
惰性的になってしまう弱い自分がいました

大工さんが家を建てる話と似ています。

完成図、建築計画、工程表がある

工程表に従って材料と機材を調達し、
日々淡々と建築計画をこなし、
約束の日に発注者に引き渡す。

Walking Studyで同じ工事現場を何度も通り、
取壊し→更地→地鎮祭→基礎→建前…と、
徐々に完成していくのを見るうち、

「竣工予定日までにちゃんと造る。
雨が降ろうが雪が降ろうが、
約束通りに完成させるのが
世間的には当たり前だよな。
大工さんと同じように受験勉強を実践すれば
俺は次の本試験で合格点を取れる」
と思えてきました


今、必殺「現在・未来思考」の威力を
受験期以上に感じています

たとえば、特別研修の必読図書の1冊
『事例で考える民事事実認定』を予習して思いました
(受験段階で読む必要はありません、念のため)。

この本は受験で学ぶ民事訴訟の基礎知識は
土台として整っていることが前提で、
その上で、裁判官がどのような思考プロセスで
事実を認定していくのかを学ぶものです。

この本を通じて
合格から一歩先へ進んだ経験を一つご紹介します

主要事実・間接事実・補助事実とは何か?
立証責任とは何か?
本証と反証はどう違うか?
このような知識自体は合格レベルの方はお持ちです。

このような土台となる知識を持った上で
『事例で考える民事事実認定』を読むと、
訴訟手続全体・裁判官の
複雑な事実認定の思考プロセス全体の中で、
このような知識がどのように使われているのかが
イメージできます

このイメージを持った上で特別研修を受講すれば、
訴訟代理業務において、
本人訴訟支援の書類作成業務において
どのタイミングで何をすべきかの
判断力養成につながっていくはずです

合格レベルの力をつけ合格した
「過去」が「現在」の私を創りました

今やるべき勉強を積み重ねる「現在」が、
依頼人の役に立てる「将来」の自分を創っていくことが、
合格発表前よりも鮮明にイメージできています

逆に、合格した「過去」にあぐらをかいて
ボーっとした「現在」を過ごすと、
法律家としては伸び悩む
「未来」を創ってしまう危機感もあります

計画破綻は「過去」の出来事です。

「過去」の出来事が
「現在」の精神状態と行動に悪影響を及ぼしていないか
時々冷静に考えてみることは、
自分を合格へ向かわせるために有益でした

「現在」の積み重ねにより
創りたい「未来」を創れるというのは
当たり前のことではありますが、
あえて「必殺技シリーズ」で書かせていただきました


山口岳彦

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「私の合否の境目〜合格の年にちょっとだけ変われたこと〜」:山口岳彦さん
1.はじめに ...続きを見る
Next-Stage
2015/02/23 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私の必殺技C「現在・未来思考」:山口岳彦さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる