Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アベトーークvol.2 過去問とテキストA」:阿部舜

<<   作成日時 : 2016/08/29 23:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 1 / コメント 0

編集長の阿部です


前回、過去問もテキストもやりましょう!
とお話させていただきました

http://next-stage.at.webry.info/201608/article_8.html


そして、
過去問だけ、テキストだけと一方だけをやるのは注意ですとも


その理由は、、、



私の経験上(私の実体験と第三者からの情報)、
合格に必要な情報・知識の範囲は
過去問以上、テキスト以下だと考えます



つまり、
過去問だけやっても足りません

これはご自身で本試験問題と照合していただければすぐに分かると思います。


なるほど、それではテキストだけをやればいいのか


確かにテキストには、合格に必要な情報がほとんど入っています

しかしながら、11科目もあるテキストの量は、かなり多いです


また、テキストをやると一言にいっても
テキストを「やる」とはなんでしょうか

簡単に思いつくのは、「読む」こと


大量の情報を1ページ目・1行目からひたすら読む

それだけで合格できるのでしょうか?


大きな欠点として
読むだけでは
自分が何の情報を保有しているのかが
分かりません


なぜこの確認が必要かというと


長いようで短い1年
効率的に勉強することが
大事になってきます


科目で不得意があったり
習熟度が違ったり
と情報に差がでてきます。


当たり前のレベルで知っている情報
今は覚えてるけどすぐに忘れてしまう情報
見たことあるけどよく分からない情報
初めて遭遇する情報


これらどの情報に対しても
一定の時間と力を使っていては非効率的です

例えば、
どうやっても忘れない情報に対して
1時間全力を注いでも意味がありません

なぜなら力を注いでも注がなくても
忘れないからです


であれば
忘れない情報はサクッと
よく分からない情報は腰を据えてガッツリと
やった方がいいのではないでしょうか


その舵取りをするにあたって
自分が何を
理解できているのか?
暗記できているのか?
を確認することが大事になります


この点、過去問であれば
解くという能動的なアクション
情報を知ってるかどうかということの確認ができます


過去問だけだと
→情報不足
テキストだけだと
→量が多く、知識の有無の確認が難しい


では、どのように
過去問とテキストをバランスよくやっていけばいいのか?


それは、また次回



阿部舜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「アベトーークvol.3 過去問とテキストB」:阿部舜
編集長の阿部です{%虹webry%} ...続きを見る
Next-Stage
2016/09/22 22:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「アベトーークvol.2 過去問とテキストA」:阿部舜 Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる