Next-Stage

アクセスカウンタ

zoom RSS 「テストの活用」:武藤竜太さん

<<   作成日時 : 2016/11/24 00:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0



初めまして、
平成28年度司法書士試験合格の
武藤といいます、よろしくお願いします

またNext-Stageに
誘って頂きありがとうございます


合格後の事は先のみなさんが書かれているので、
僕は少し違うことを書いてみようかなとおもいます


もう11月なんですよね、1月まで1月ちょっとで、
答練(択一実践、記述答案構成)が始まります


僕は伊藤塾の答練を受けましたが、
他の予備校さんもその頃から答練なのかなとおもいます。。

そんなに多く経験したわけではないですが、答練は楽しかったです。
試験前の緊張感とか、どんな問題が出てくるのか、
ワクワクしてました(^^


ぼくは司法書士の試験を受ける前は
オートバイのレースメカニックをやっていたんですね

だから、勉強する前までは法律知識全くなし、
漢字が読めなくて予備校に駆け込んだぐらいですから


なのでそんな僕が10ヶ月ぐらい入門の勉強をして
初めて答練に挑んだ時ののことを少し。。

先ずは民法からなんですけど、
初めて受けたら20問中10問しか正解できませんでした。。。


実言うとそこそこ自信はあったんですよね〜
基準点ぐらいは取れるのではないかと

でも惨敗。。。すごい悔しかった、
それと同時に今の勉強だけではだめなんだと気が付きました


点が取れなかったことはすごい悔しいのですけど、
いやほんとに涙が出るぐらい悔しかったんですよ

でも、そこで下を向いて止まっていられないですよ。

なぜ点が取れないか徹底的に分析しました

問題はどういうところから出てきているのかとか、、、


僕は伊藤塾の入門生だったので伊藤塾の入門ドリル、
セレクションは完璧に仕上げたつもりで挑んだ
民法第1回、でもやっぱりこれだけじゃ足りないんですよね、

そこで、民法の講義をネットで聞きなおそうとおもい、
でも、次の民法の答練までには1週間しかありません

記述の答案構成もあるから
実質5日しか準備期間無いんですよ


だから 、全範囲をやるのではなく、的を絞りました。


特に結果悪かった親族・相続法、
それと債権法だけ講義を5日で聞きなおしました


そして入門講座で飛ばしたところとか、
余裕あったら見といてねと講師に言われたところから
結構出てきてるということを確認できたから、
知らない知識は全部ノートに書きだしたんですね


そしたら2回目の択一実践民法は
14/20問取れました!

しかもちゃんと親族・相続・債権法で結果が伸びた!

自分のやった対策の結果が出たという事です

これが実はすごい大事なんですね

じゃあ次の3回目までには総則、
物件まで講義をひたすら聞き直して、
知らないことが出てくればノートにメモを落とし込んで、、、

そして3回目の民法の択一実践は合格点まで行きましたよ


ここで一つ重要なことは、
しっかり勉強の軸となる部分を完成させて答練に挑めたか?です。

僕の場合はセレクション、ドリルは
ほぼ肢レベルで完璧でした

だから、解けない問題があるなら
それはセレクション、ドリル以外から
出てきてることになるんです、そして事実そうでした。

それならセレクション、入門ドリルは
疑う必要ないんですよね、
敗因の原因はそれ以外にある!

だから出口も探しやすいんです


バイクのレースでも
3月に事前テストというのがあります

各チーム体制、
ここまでの準備の決まり具合とかがみえてきます

司法書士試験の答練は、
オートバイのレースで言う事前テストとやることは全く同じでした。

先ずはネガな部分を洗い出す、徹底的に洗い出す、
そして次のテストまでに
それの対策案をいくつか準備してそれをテストする。

答練は何点取れるかが重要だとは思っていません。

それよりかは次の対策法を見つけ、
その方法をテストして、それを正当に評価できるか、
それが一番重要なことだと思っています

改めていいます。

そのためにはしっかりとした準備が必要です。

そして疑う余地のない、ここは完璧!
という準備を答練までにすることです

それができていないと、
トラブルが出た時に全部疑わなければなりません

1からやり直し、そんな無駄な事はやってる暇ないので、
ここは大丈夫ってところをしっかり作って答練に挑んでください


今年1年目の入門生の方、
答練は凄い人がいっぱいます

本当に勝負している人たちです。

是非、その方たちとの距離を感じてください。

そして、その距離を縮める最大限の努力をしてください。


2〜3年目の中級の方、是非、答練までに、
凄い人たちを射程圏内に収まるぐらいのところまでは
年内に仕上げてください

はるかかなたにしか見えないと、
もう勝ち目はありません

だから今のうちに頑張って、
せめて追いつける位置までには仕上げてください


もう合格レベルにいる方、後ろから迫ってくる、
勢いある若手のプレッシャー感じ てください

ちょっとでも油断したらサッと抜かれますよ。

そして出来れば、後からくる受験生を引っ張ってあげてください。

これはとても自分の勉強になりますから。



最後に僕が受験するうえで有利だったこと、
不利だったことを少し話たいと思います

僕は本当に法律は初学です。

大学も経済でしたし、仕事はメカニック。。。

だから不利なのは法律知識ゼロという事ですよね〜

おそらくマイナススタートです。


有利だったこと、レースメカを何年もやっていて、
全日本ロードレース選手権ではチャンピオンも取りました

だから“勝負慣れ”は他の受験生よりあったと思います

まあ、結構まわりの受験生とは
違うことをやっていましたからね(笑

優勝目指すなら、これぐらいの時期には
どのレベルにいなきゃいけないという事はよく知っているんですね。

そしてそのためには何をテストしていくのかも。

だから、テスト項目を決める、
その為の準備を整える、ここの重要性を知っているから、
これらの事に重点を置いていたんです


そういう感覚で答練や模擬テストを受けていた人は
少ないじゃないかなと思います

本番は別として、答練、模擬テストは
何点とれたかはさして重要ではないですよ

それよりかはこれをやって何点上がった、
又は下がった、下がったら逆のことをテストするだけですから(笑


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「テストの活用」:武藤竜太さん Next-Stage/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる